2021年2月アーカイブ

コハクチョウの北帰行

陽も沈み薄暗くなり始めた頃、全員首を持ち上げて満月の出る方ばかり見ていたコハクチョウ。鳴くのも止め静寂に包まれて変な緊張感で嫌な予感。それから確信に変わった瞬間。2021年2月27日 17:48分ごろ、1家族、4羽が飛び立ちそれに続いて一斉に飛び立ちました。この瞬間の感動をどう伝えればいのだろう。

コハクチョウ 湖北 北帰行

150羽以上もいたので、それはそれは圧巻すぎて、感激で『わぁーっ』としか言葉が出ませんでした。

コハクチョウの北帰行

この後、琵琶湖に降り立ったのでしょうか?
それとも北帰したのでしょうか?

北帰行 湖北 コハクチョウ

ちなみに日中は風と波が激しい琵琶湖ではなく湖北の田圃でこんな感じでくつろいでました。
いつもと変わらないので、まさかこの後、北帰するとは想像だにしませんでした。

田圃で休むコハクチョウ

帰りに見た満月(スノームーン)は大きくて明るかったな。


湖北のコハクチョウ 動画

| コメント(0)

2021年2月13日に録画した湖北の田んぼでくつろぐコハクチョウ達です。


ジョウビタキの女の子

| コメント(0)

ジョウビタキ メス

2021年2月25日 湖北野鳥センター前にて撮影
まん丸のジョウビタキの女の子。

ちょうどコハクチョウの北帰行を見届けている頃、目の前に現れおぼつかない私でも撮影させてくれました。

ジョウビタキ メス

jyobitaki_mesu3.jpg


コハクチョウの北帰行

| コメント(0)

コハクチョウの北帰行

別れは突然に!

休憩しようと移動したその時、1羽、2羽、4羽と一気に飛び出し、そして・・・

コハクチョウの北帰行

あっけないほど、あーっと云う間に北へ帰っていきました。

コハクチョウの北帰行

今年は数々の北帰行を見届けることが出来ました。


琵琶湖とコハクチョウ

今年、ほとんど田圃にいたコハクチョウ達も北帰前は琵琶湖に降り立ちその時を待ってました。

琵琶湖とコハクチョウ

この親子たちは、行方を見守っているとV字体制を整え北へと帰っていきました。

北に帰るコハクチョウ


昼寝する(=^・^=)たち

| コメント(0)

昼寝するネコ

2月22日、外は快晴ポカポカ陽気、そしてネコの日なので久しぶりに滋賀駅周辺でネコ探し。居ました居ました。日向でお昼寝中のネコちゃん。爆睡して気持ちよさそうでした。

昼寝するネコ

こちらは起こしちゃった。ゴメンね。

昼寝から目覚めたネコ


コハクチョウ 湖北 琵琶湖

晴れた日曜、隊列を作って旅立つコハクチョウを見えなくなるまで見送りました。

コハクチョウ 湖北 琵琶湖 北帰行

また、秋に会いましょう。

夕暮れの琵琶湖とコハクチョウ


琵琶湖にはまだ居残り組をおりました。
2か所の田圃と琵琶湖と合わせて300羽以上は居るような気がします。

夕暮れの琵琶湖とコハクチョウ

晴天につき日曜は日没まで待ってみました。写真は日没30分くらい前の様子です。

この後、赤くでっかい夕陽を拝むことができました。
きっと今日、月曜も快晴につき同じような夕陽があと45分後に見られるのでしょう。湖西、滋賀駅周辺から見る太陽は蓬莱山に今まさに沈みかけています。

湖北の夕暮れ 夕陽百選


コハクチョウ 湖北 琵琶湖

2021年2月19日、降雪後のコハクチョウ。

田圃は一面雪で白く染まってます。見る角度では探すのが大変ですが目が慣れてくると見えてきます。延勝寺近辺に小集団で分散し、ざっくり数えて250から300羽ほど居るのでしょうか。まだ沢山残っております。

コハクチョウ 湖北 琵琶湖

この日は午後から雲もなくなり青空が広がってきました。

コハクチョウ 湖北 琵琶湖

雪雲に覆われた空と、田圃の雪景色が反射して、コハクチョウの羽がますます白く感じられ今更ながらに感動しきりです。

湖北 コハクチョウ 

白い雲の中に白い鳥、ピント合わせるの私には難しい。数羽一緒だと尚、難しい。

コハクチョウ

湖北 雪山とコハクチョウ

空に舞う湖北のコハクチョウ

空に舞う湖北のコハクチョウ


北帰の始まり マガン

| コメント(0)

マガン 湖北 北帰

2月17日の夕暮れ時、琵琶湖からガンの集団が上空をすり抜け伊吹山の方へ消えていった。

マガン 湖北 北帰

その数分後に、また集団が同じ方向に消えていった。
マガンの北帰行を見送ったのか?
もしそうなら明日から大雪の予報、旅の無事を祈る。

マガン 湖北 北帰


コハクチョウ 夕暮れのダンス

| コメント(0)

湖北のコハクチョウ ダンス

塒入り前、日落ち寸前に羽ばたくコハクチョウがとても美しかったので撮ってみました。踊る姿は『白鳥の湖』あらため『ハクチョウの田んぼ』です。

湖北のコハクチョウ 2羽でダンス

シンクロしたような着地。ペアでダンスを踊っているようです。

雪の伊吹山系と湖北のコハクチョウ

おまけのおまけ、雪の伊吹山系とコハクチョウです。


北帰行のトレーニングするコハクチョウ

北帰に向けてのトレーニングなんでしょうかね。この日はよく飛んでくれました。数日前まで白かった伊吹山の雪も春の陽気で一気に溶け始めてます。

北帰行前の湖北のコハクチョウ

また週の中頃、真冬の寒さが戻るようですが着々とお別れの日が近づいてます。

湖北のコハクチョウ

シベリアへ帰る前のトレーニング

コハクチョウ 湖北 北帰行

自主トレ、頑張ってます。

コハクチョウ 湖北 北帰行


コハクチョウの幼鳥

昨日とうって変わって今日は日差し、ぽかぽか。なんとも穏やかなお天気。絶好のコハクチョウの撮影日よりだというのにお仕事お仕事。今日は出かけられません。
これってやっぱり「あるある」ですか。

伊吹山と湖北のコハクチョウ

明日は建国記念日で祝日かつお天気の予報。さーどうしようかな。

湖北のコハクチョウ


コハクチョウ 湖北 琵琶湖

雪が降り注ぐ中、いつ帰るか相談中の湖北のコハクチョウたち。

おそらく300羽オーバーは残っていると思う。
ずいぶん探してやっと見つけた集団。
この一帯のコハクチョウが全員集合したのかな。

コハクチョウ 湖北 琵琶湖

なんとなく明日以降、晴れて気温が上がったら一気に帰ってしまいそう。それは早すぎるのでまだ帰らないで。。

ちなみに西浅井塩津浜の「道の駅 あじかまの里」側のコハクチョウ達はいなかったので北帰行した模様。

コハクチョウ 湖北 琵琶湖


JR湖西線 アコモと雪景色

JR湖西線 雪とアコモ

今朝、カーテンを開けると一面雪景。比良山系も真っ白でした。

思いのほか雪が多いようです。JR湖西線、普通アコモもゆっくりと走行してます。
今日一日は「ぶるっ」と震えるような寒さです。

雪の滋賀駅周辺


湖北にいたシジュウカラガン

| コメント(0)

シジュウカラガン 湖北 琵琶湖

今年の冬、1月半ばシジュウカラガン。地元地方新聞にも掲載され新たに多くのファンを獲得しました。
今年は越冬地は雪深く寒いので豪雪地帯のコハクチョウのように琵琶湖、湖北へ南下して来たようです。

わずか一週間ほど滞在。その後、あちこち定着してないか探してみたものの所在わからず。
多分、帰ったのでしょう。

今思えば懐かしいような。そして奇跡のような出会いのような。。。

シジュウカラガン 湖北 琵琶湖

来期も訪れてくれることを願いながら記事にしたためてます。

シジュウカラガン 湖北 琵琶湖


琵琶湖 湖北のコハクチョウ

コハクチョウの数が少なくなってきている旨、昨日記事にしましたが野鳥センターの情報によると小集団での北帰が始まりだしたようです。
昨日、今日など春の陽気ですもんね。とうとう帰るのですか。

コハクチョウ 湖北 琵琶湖

昨年だったかな、2月22日には山本山のおばあちゃんとともに帰ってしまったから見られるのもあと少しか。
本当に寂しくなってきます。で、急に帰らないでね。

琵琶湖 湖北のコハクチョウ


湖北のコハクチョウ3

| コメント(0)

雪の伊吹山とコハクチョウ 湖北 琵琶湖

今日は絶対的撮影日和、行きたいところグッと我慢しました。
それで写真は昨日です。伊吹山を背景に飛んでますが肝心の伊吹山とドンピシャ重なりませんでした。

探したところ浅井の集団を除いて4集団見つけました。しかし1月の中旬より1集団の数は少なくなってます。
一時期、1集団に200から300羽オーバーほどいたのですが昨日は大きい集団でも100から200満たない数で少なくなってます。どちらかというと小さな集まりになって20羽から30羽程度で分散してました。

今年は北陸や東北の豪雪の影響で琵琶湖のコハクチョウの数は900羽以上集まったのですが少なくなってます。北陸や東北に帰ったのか、まだまだ探したりないのか、
もしくは北帰行が始まっているのでしょうか。週明け時間ができたら再び行ってきます。

コハクチョウ 湖北 琵琶湖

幼鳥も北帰に向けて羽ばたきのトレーニング。幼鳥から羽ばたきは立派な成長です。

湖北のコハクチョウ


湖北 マガンも楽しめます

| コメント(0)

琵琶湖 湖北 マガン

今年はマガンも例年より多く飛来しており野鳥センター前などで楽しめます。
野鳥センターによりますと湖北ではマガンも珍しいようです。

琵琶湖 湖北 マガン

今年はなんともラッキーなことにシジュウカラガンやマガンに同時に出会えて感無量でした。
山本山のおばあちゃんの飛ぶ姿も拝みたいと切に願っております。

琵琶湖 湖北 マガン


湖北のコハクチョウ2

| コメント(0)

琵琶湖 湖北 コハクチョウ

暦では立春も過ぎ春に向かって旅立ちへのコマが進んでいます。
羽ばたきを見ると、北帰まであと何日と数えるようになっており今年もきっとコハクチョウロスになるんだろうな。。と。
毎年、毎年こんな感じの繰り返し。

山本山のおばあちゃんファンもきっとこんな感じでしょうね。
私もおばあちゃんを見たさに毎回、山本山の麓で飛び出しを待機しているのですがまだ、遭遇できずにおります。
何時間も粘ればいいもののどうしてもコハクチョウのほうに時間を割くのでおばあちゃんの飛翔シーンのチャンスを逃してしまい残念です。

琵琶湖 湖北 コハクチョウ

今期も時間の許せる限り、湖北通いが続きそうです。
まってろよコハクチョウ。

琵琶湖 湖北 コハクチョウ


ヤギも成長して

| コメント(0)

DSC_1129_800.jpg

去年の4月ごろの子ヤギもすっかり成長しました。

最近は比良駅のほうに足を延ばしてなかったので久々に出会うとあっという間の成長ぶりに驚きます。
覚えていてくれたのかな。それともお腹が空いていたのかな。
こっちに寄ってきてく寒さで固まった頬も少し緩みます。

それにしても子供の成長は早いね。

DSC_0913_800.jpg


琵琶湖 湖北 コハクチョウ

月曜の午後は天気予報では雨とか。
2月3日は雪の予報だし次の土日は晴れだけど人が多いだろうし
ずいぶん思案して、月曜なら人も少ないと思い急いで行きました。
が、着いた途端に雨が降ってきまして。。

皆さん田んぼのに居りましたよ。。居りましたが
どのグループもおとなしくて、昨日は、あまり飛んでくれませんでした。
(だだぴっろい田園に数グループ分かれてます)
体力を保持するためおとなしくしてるのでしょうか。羽休めですね。

わたしもこの日は早々と退散し、帰路の途中に鴨鍋セットと琵琶鱒の刺身を買って帰りました。
琵琶鱒の刺身はサーモンとは違う上品な脂の乗りでちょっと濃い目のビールに合います。
琵琶鱒の塩焼きも中々いけますよ。

琵琶湖 コハクチョウ 湖北

この間から、西浅井『あじかまの里』近くで20羽ほどのコハクチョウを見かけてます。
こっち方面では初めての発見です。写真を撮ろうと思ったのですが雨だったので次回にします。
野鳥センター付近とばかり思ってましたがこんなところにも居るんですね。


時々重い白い動きも見せてくれます。幼鳥と成長の親子かな。息のあったシンクロです。

琵琶湖 コハクチョウ 湖北


2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

■月別アーカイブ

■注目のデジタルカメラ



■話題な情報

■PR

オリジナル扇子の製作と扇子の販売。京扇子等、オリジナル扇子、デザイン扇子、オーダー扇子、京扇子、舞扇、お茶扇子、棋士扇、囲碁扇、ウェルカムボード、成人式の扇子、卒業式の扇子、干支の扇子、よさこい扇子、お祭り扇子、お誕生、米寿、喜寿、還暦、母の日、父の日、命名等のお祝い用の扇子をお作りします。色んな京都の扇子を1本からでもお作りします。

■おすすめ訪問先

■アイテム 

  • 雪の伊吹山系と湖北のコハクチョウ
  • 湖北 コハクチョウ 2羽でダンス
  • 空に舞う湖北のコハクチョウ
  • 空に舞う湖北のコハクチョウ
  • 湖北 雪山とコハクチョウ
  • コハクチョウの北帰行
  • 田圃で休むコハクチョウ
  • 北帰行 湖北 コハクチョウ
  • コハクチョウ 湖北 北帰行
  • コハクチョウの北帰行
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大津情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
『@ふぃーるどbird』のツイッターへ@ふぃーるどbird


■お薦め







■にゃんこアイテム






Powered by Movable Type 6.0