2016年5月アーカイブ

ネジキ 捩木 カシオシミ

| トラックバック(0)

nejiki_600.jpg

頭上に小さき花、よく見るとなんと可憐な。
ネジキ (捩木) 別名  カシオシミ
ツツジ科ネジキ属 有毒植物
小さくて白い花 釣鐘状です。

名前の由来はあっちこっちのサイトを調べると「幹がねじれることから」だそうだ。
昔、薪木にするに捩れて真っ直ぐでないので斧を入れるにも
難儀なことからの由来だそうだ。

花が終わると樹の区別は多分難しいかと思うけど
この時期は花をつけてくれるので判りやすい。



DSCN2967_600.JPG
常盤山樝子 ピラカンサス

ピラカンサス バラ科トキワサンザシ属

5月下旬から咲く花です。色々呼び名があるようで

橘擬(たちばなもどき)  
常盤山樝子(ときわさんざし)
中国名は火棘(かきょく)

秋になると赤い実をたわわにつけます。


DSC_0226_600.jpg

十三石橋下の関西電力洛北発電所に通ずる橋のたもと、スマホで撮影。
今の時期、至る所で空木がタワワに咲いて綺麗です。
蕾がコロンコロンしてて「タワワ」といった感じで思わずパチリ。

昨年と同じ説明ですが。。
空木 卯木 ウツギ 卯の花 ウノハナ ユキノシタ科 雪の下(ゆきのした)科

5月から6月山野で見られ
丁度旧暦4月卯月の頃に花が咲くので卯木、卯木の花 ウノハナと呼ばれる
また、枝の中が空洞なので空木とも呼ばれる。 とか。。

仲間:ヒメウツギ、シロバナヤエウツギ

DSC_0228_600.jpg


全然、話変わるけど。さっき、消防車がけたたましく
何台も鞍馬の方、北に向かって上がって行った。
部屋の下にも1台停まって物々しい。
何事か??


カナメモチ

| トラックバック(0)

DSC_0214_600.jpg

5月は市原バイパスの両脇は色んな白い花が順に咲き出す。
日中、日差しもきつくなってるけど散歩が楽しい理由の一つが
この季節の花を見つけることです。
今日は、

カナメモチ バラ科カナメモチ属

5月下旬から咲く花です。色々呼び名があるようで

常盤山樝子に似てて間違ってしまいそう。


秋になると赤い実をたわわにつけます。

DSC_0215_600.jpg


国際会館駅 ヤマボウシ

| トラックバック(0)

DSCN2912_600.jpg

30度を超える夏日が続く。5月なのに。
暑いので目でも涼をとろうか。
地下鉄、国際会議場駅、北側を出たところのヤマボウシが
涼しげである。
山法師 山帽子(ミズキ科ミズキ属)

白い花びらに見えるけど、この白い部分は花ではなくて葉に近い総苞で
中心の緑の部分に20個程物々集まったのが集合花。

プツプツ突起のある赤い実は食べる事も出来るようだ。

『山法師』の名は4枚の頭巾をかぶった法師のように見える由来らしい。
云われてみればそう見えるのかな。


話は全然変わるけど、昨日1台のPCが知らぬ間にというか
勝手にwindows10にバージョンアップしてかなり焦った。
なぜならヤマトの送り状発行ソフトB2を入れてたんで、敢えてバージョンアップ
してなかったのに。。。。どうも、バージョンアップの通知の予約を見落として「後で」と
甘く見たのが災いしたようだ。
で、肝心のB2は、動いているようだ、と思う、思いたい。
そう願う。。


吸葛 花言葉「愛の絆」

| トラックバック(0)

DSCN2925_600.jpg

毎日の歩くコースは、毎日、同じ景色で単調で。。。。面白くない!
は、?です。
よーく見ると季節ごとに日々変化を与えてくれて楽しい。

これ、「吸葛」(すいかずら)スイカズラ科スイカズラ属 Honey suckle

花言葉は「愛の絆」だって。情熱的な花言葉。
そんな風には見えないのだけど

「吸葛」の名前の由来は、甘い蜜を吸うことからとか。
蓮華の花を吸ってた記憶があるが、そっか、
そっか花に蜜があるんだね。

昔は砂糖が貴重品だったもんね。わかるような・・・

他にもいろんな呼び名があるようで

冬も葉は落葉させずついたままなので「忍冬」(ニンドウ)と呼ばれ
生薬としては茎は刻んで天日干させ煎じると
抗菌作用や解熱作用があるとされる。

開花する頃は花蕾を乾燥させて生薬では金銀花とも呼ばれる。
金銀花とは白色から黄色、色が変わってくる。最後は紫色なる。
花の形状も4対1で人の手のひらのようで面白い。

生薬としての効用は季節ごと部位ごとにあるらしく
夏の汗疹や皮膚を美しく、美容にも大変よいとか。

これから夏、汗疹に弱いので実に興味深い。


DSCN2911_600.jpg

今週は五月晴れが続くようです。
で、オクラの苗が欲しかったので出かける。
10時頃は日差しはきつくても日傘を広げると
風も涼やかで、バスに乗らずにどんどん歩けます。

が、時間と共に夏日です。太陽はテッペンに位置し
荷物を持つ手にさすがに暑くなり。帰りは、しばしの休憩。
気がつけば妙満寺の睡蓮が花をつけていた。

ついぞ2週間ほど前は躑躅が咲き乱れても睡蓮は、まだ咲いてなかった。
季節と年は追いかけっこしながら駆け巡る。

DSCN2908_600.jpg

DSCN2882_600.jpg

大書院の北側で見つけた。
ゴージャスなツツジ?
まさか、つつじ科つつじ属だけど時期的には

これは、おそらく西洋石楠花 かと思う。






DSCN2865_600.jpg

名前はシャガ、

漢字では「著莪」
別名 「射干」「胡蝶花」

アヤメ科アヤメ属

日陰地、湿地でに咲く花。
なので里山等の日の当たりにくい場所で容易に見つけることが出来る。
雲ヶ畑奥の志明院への道の両脇でもこの時期は直ぐ目に入る。

そして、貴船への道端脇でも群生している。
日陰という環境下に加え寒さに強く、冬でも緑のままでで繁殖する。
花の容姿は厳しい環境にもかかわらず気品にあふれている。


DSCN2618_600.jpgのサムネイル画像


ジャケツイバラ 蛇結茨

| トラックバック(0)

DSCN2842_600.jpg

快晴が2日続いてます。クリーンセンター前を歩いていると
黄色の花が目に入ってきました。
君は誰?

ジャケツイバラ 漢字では『 蛇結茨』

 マメ科ジャケツイバラ属 (カワラフジ)
 開花時期:5~6月(静市市原 市原バイパスより)


見た目は花は菜の花のような。。逆藤の黄色バージョンのような
花は欄のような。。。


DSCN2835_600.jpg

名前がなんとも恐ろしい。『蛇結茨』とな。
蝶のように可愛い花なのに棘もあるし恐ろしい感じの名前だ。
ツル系で蛇が絡み合うように枝が伸びるからだそうだ。

本当に太い幹には茎には逆さ刺があるので要注意。

落葉低木、高さ1~2メートルって云うけど5メートル程、結構高いところまで伸びてる。

民療法では6?7月ごろサヤを採取して乾燥させると種子が取れる。
その種子は乾燥させると生薬の雲実(うんじつ)となり
煎じて下痢止めやマラリアの解熱に
根や根皮、葉もそれぞれ沈痛や解熱に
に用いられそうだ。
と云え有毒性なのでこれも要注意です。



その横には、花が終わったけど野生の藤が自生している。
此処はツル系の花々が元気な場所みたい。


DSCN2814_600.jpg


京都駅から国際会議場まで地下鉄で帰るのもイイけど
雨とは無縁のお天気のよう。
ま、五条までワンブロックを歩こうかと思ったわけ。

DSCN2816_600.jpg

御影堂門を撮って脇下を見るとニャンコが鎮座してました。
『かわいい』と云うより警備しているような顔つき。
気を引かそうと試みるも全くそっけなく
やっぱり猫。場所柄、狛猫でしょうか?


その後、私は、京都御所経由宝ヶ池へ、更には市原へ。
直線で13.5キロ、寄り道ばっかりで多分15キロ、3時間ちょい
徒歩で帰りました。久々でさすが脚、ダルい。


DSCN2813_600.jpg



DSC_0174_600.jpg

散歩の途中、丁度、華頂大学神山グラウンドに入る途中の
山道脇でピンクの小さな花々を見ることが出来た。
ちなみに普段は、閉じられてますが
少年野球の練習でゲートが開いてました。
このエリア以外にも、谷あいの小道や麓でも
漏斗の形をしたピンクの可憐な花なので目につきやすく
気になる花です。

そこでこの花をネットで調べてみる。

ウィキペディアによると
 タニウツギ「谷空木」 
 スイカズラ科タニウツギ属
 別名
  紅空木(ベニウツギ)
  田植えの時期に花が咲くので「田植え花」ともいう。
 別品種:シロバナウツギ
  

クリーンセンター周辺の向山エリアでは
5月は、他にもウツギ(空木 別名:卯の花 ユキノシタ科)の花も見ることが出来ます。
似た名前で同じ仲間かと思いきや科目が違います。
二ノ瀬から十三石橋まで遊歩道があるのでハイキングにもってこいの場所です。
が、このエリアに限らず
山なのでイノシシと鹿とダニと稀に熊には要注意のようです。





DSCN2802_600.jpg

今年2016年の「なんじゃもんじゃ」の花です。
5月1日の時点では開花してなかったので、あっという間の開花です。

ここ数日、晴れても黄砂のせいでモヤがかかって
快晴、青空は望めません。
スカっと晴れた日は行く事も出来ず、まあ、そんなもんなんです。


「なんじゃもんじゃ」の詳細は昨年の5月19日にも記事にしております。


DSCN2804_600.jpg


妙満寺 ツツジの頃

| トラックバック(0)

DSCN2744_600.jpg

人の混雑が苦手な私は、連休は洛北から南に下りる気もしなく
買い物エリアでのんびりさせてもらいました。

妙満寺のツツジが綺麗です。3,000株ほどあるそうです。
今年は桜と一緒で例年より花の見頃が早いような気がしますが
ゴールデンウィーク最終の土、日
マダマダ見応えがありそうです。

DSCN2766_600.jpg


市原バイパス 野生の藤

| トラックバック(0)

DSCN2701_600.jpg

5月ゴールデンウィークの頃は藤の花が綺麗な時期ですね。
手入れされた藤棚もさることながら野生の藤もそれはそれは
綺麗です。
自然の色というか
命と色というか
深い美しさを感じます。

ここ市原周辺も野生の山藤が自生しています。
十三石橋市原バイパス沿いに
ハイキングと同時に楽しむ事が出来ます。


DSCN2699_600.jpg


静市静原の鯉のぼり

| トラックバック(0)

DSCN2661_600.jpg

ゴールデンウィーク晴天に恵まれていますね。
市原から大原に向かう府道40号線途中、
静原に鯉が川の上を泳いでました。
田んぼの準備中で、のどかな田舎の風景に心癒されます。

鯉のぼりと云えば、もう直ぐ端午の節句ですね。


2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

■月別アーカイブ

■注目のデジタルカメラ



■話題な情報

■PR

オリジナル扇子の製作と扇子の販売。京扇子等、オリジナル扇子、デザイン扇子、オーダー扇子、京扇子、舞扇、お茶扇子、棋士扇、囲碁扇、ウェルカムボード、成人式の扇子、卒業式の扇子、干支の扇子、よさこい扇子、お祭り扇子、お誕生、米寿、喜寿、還暦、母の日、父の日、命名等のお祝い用の扇子をお作りします。色んな京都の扇子を1本からでもお作りします。

■おすすめ訪問先

■アイテム 

  • nejiki_600.jpg
  • DSCN2967_600.JPG
  • DSC_0228_600.jpg
  • DSC_0226_600.jpg
  • DSC_0215_600.jpg
  • DSC_0214_600.jpg
  • DSCN2912_600.jpg
  • DSCN2925_600.jpg
  • DSCN2882_600.jpg
  • DSCN2908_600.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大津情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
『@ふぃーるどbird』のツイッターへ@ふぃーるどbird


■お薦め







■にゃんこアイテム






Powered by Movable Type 6.0