京都観光の最近の記事

DSC_0452_600.jpg

7月19日は2013年以来の39.8度を記録。
今日は38.6度。
でも、実際にはもっと暑い!
外で直射日光の中で計るとあっという間に2時58分で49.4度だった。
厳しい暑さである。
我慢できないんで直にやめたけど、まだ上がりそう。
わずか数分でギブアップ。

昨日、炎天下。
39.8度を記録した頃、下校途中の小学生や中学生。
小学生は帽子を、中学校は帽子なしで
あっつ熱のアスファルトを歩いてるのを見て
倒れないか心配になりました。

迎えに来ている親御さんも居ましたが
学校と家までの距離がある子は、
キツイなーと思った。

帽子被っててもこの陽射しはキツイ。
日傘を差してても立ちくらみしそうな程、暑い、熱い!

子供も日傘さしても「いいんじゃない」。
倒れないか心配になるほど、炎天下は熱いんです。

どうか、気をつけて帰って下さいね。


半端ない暑さ 祇園祭

DSCN5298_600.jpg

今日も、極暑!酷暑!
半端ない暑さの京都です。

今日も38度越えになるのでしょうか?
アスファルトの上はもっと暑いように感じます。
昔、五条坂の陶器市の頃に経験した39度越えの時と同じくらいの暑さです。


DSCN5286_600.jpg

空からの容赦ない太陽の暑さと
三連休と海外組の観光客も加わり人、人、人の熱気も加わり
わたしゃ、倒れそうです。皆さんは元気ですね。

更に気温は上がりそうなので、貴船の2つ手前の市原の
お家に退散します。


どうか、皆様、熱中症にお気をつけ下さい。


引き続き熊の情報です。

クマ目撃情報 - 京都府・市町村共同 統合型地理情報システム(GIS)

のサイトによりますと私が熊らしき物体と遭遇した場所が
一致しております。
やっぱり熊だったんですね。。。『半径2メートルの出会い』か。
ゾゾッ!

これ以外にも市原大橋の看板の2回目撃されているので
市原バイパス 経由 十三石橋 経由 産業大学グラウンドを
通る時はお気をつけ下さい。


祇園祭 「山一番」は蟷螂山

9kamon_gionmaturi.jpg

祇園祭の紋からイメージしたオリジナル扇子です。

さて7月に入りました。
1ヶ月間の祇園祭のはじまりです。
7月17日の前祭(さきまつり)巡行、
24日の後祭(あとまつり)巡行の2回執り行われます。

7月2日の今日、前祭りの順降順を決めるくじ取式が執り行われました。

今年の「山一番」蟷螂山が引きました。
からくり蟷螂で動きがキュートで人気のある山ですね。

蟷螂山では「かまきりおみくじ」があって
おみくじを引いてくれるような、からくりになってます。
200円だったかな。これも大人気で長蛇の列ができます。


DSCN5263_600.jpg

今日も暑く、空は夏の青空と白い雲に梅雨時の灰色の曇天が
喧嘩しそうなくらい入り乱れてます。
台風一過の後に梅雨明けしそうな気配です。

例年、祇園祭の巡行の頃に梅雨明けするのですが
今年は早そうです。
きっと、絶対に長く厳しい夏になるんでしょうね。

暑い夏、扇子でも扇いで涼んで下さい。




先日に続いて

最近、クマの目撃が多いようです。

二ノ瀬トンネルの南側の信号の側でも目撃されたようです。
これまで無かった信号待ちのとき『クマに注意の看板』を見つけました。
市原から二ノ瀬へ近辺はここ数年、目撃情報があります。

ついで
昨日は十三石橋の所でも『クマに注意の看板』が追加されてました。
北区上賀茂神山付近から北の方のエリアで
クマの目撃情報が多くなっているようです。
やはり、出ているのでしょうね。
クマらしき物体との遭遇後も
市原大橋から十三石橋間の鞍馬川で『ばきっ』と
太目の木の枝が折れる大きな音も聞いてるんでちょっと怖いです。


十三石経由は自然が多く夏は涼しいので
毎日のジョギングコースに最適だったけど、流石にコースを変えてました。
一旦、二ノ瀬貴船コースに変えましたがクマが出たんでは
岩倉へのコースに変更せざるを得ません。

ハイカーの方、ウォーキングやジョギングされる方、
クマにお気を付けて下さい。

市原大橋西詰め クマ注意の看板

6月21と22日と2日にわたって、クリーンセンター西、市原大橋西詰め
あたりでクマの目撃情報があったらしい。
昨日、市原バイパスを車で通ると2箇所に注意喚起の看板があった。
市原の住宅地の掲示板にも注意喚起の張り紙が掲示されている。

6月20日には京産大のグランド脇の路上でも目撃されている。

毎日、歩いたり走ったりするコース。
とうとう、出たか。そしてやっぱり・・・

思えば、昨秋、市原大橋西詰めのカーブで
黒い物体が道路を渡っていた。
夕方で、カーブだったのでお尻だけ見えて、
鹿と、サルと狸は、よく見るので、あのお尻の持ち主ではない。
丸くて黒かったので、もしかして。クマ?と思ったんだが。。。
まさかね、こんな所には居はずがなく、
その時は、いのししかと思ったのだが。。。もし
あのお尻がクマなら。『おー、怖っ。』

そして、この間もなんです。
6月15日、北区上庄田より北、十三石橋より南の
中間あたりの茂み。脇の遊歩道を端っていたら急に大きな物体が『ごそっ』と
鴨川の方に踵をかえして逃げる後姿、やっぱり大きなお尻を目撃。
あれは一体なんだ?
高さから鹿ではない。
クマかイノシシか?
どっち?
確かめたいと思ってもどっちにしても危険で怖い!
幸いむこうが先に逃げてくれたんで、こっちも刺激をしないように
手をたたき大きな声で歌いながらゆっくり道路を渡り反対側を
急ぎ足で帰りました。バリバリ息切れです。
どっちも、夕暮れ時だったので、この時間帯は特に要注意ですね。

ちなみに6/21日は、お昼時の目撃だったようです。

季節の木々の花々が楽しめて良いコースなんですが、一人は危険なので
ルート変更せざるを得ません。
今、丁度、ねむの木の花が咲いてるのに残念です。



横山大観展 開催中です

DSCN8048_600.jpg


『生誕150年 横山大観展』が開催中です。

代表作の、『紅葉』と『夜桜』が展示されています。
こちらは入れ替えで7月1日までの展示なので早目がイイですね。


場所:京都国立近代美術館
期間:2018年6月8日(金)から7月22日(日) 
時間:9:30から17:00
    6月8日から6月30日間の金曜と土曜は20:00まで
    7月6日から7月21日間の金曜と土曜は21:00まで
休館:毎週月曜 7月16日は会館 振替7月17日は休館 

拝観:一般1,500円  大学生1,100円 高校生600円
    中学生以下と障害者手帳所持の方と付き添い1名無料

DSCN8047_600.jpg

DSC_0438_600.jpg

HPのワークステーションZ600。
7年位前の古い機種、4月24日の連休前にいきなり潰れた。
電源入れて赤の『プープー』警告音と共にいきなりプッスンである。
電源が入らない。最初メモリー電池かなと思い交換したけど駄目だった。
放電試みてもウンともスンとも云わない。
電源ユニットだけを抜いて緑のボタンが点くかどうか試みたが
それも駄目で、多分電源ユニットがいかれたのだろう。
直ぐに修理すれば。。。。『多分OK』と思っていた。

ところが、どこも修理できないとの返答で
開いて中をチェックする事もなく戻されてきました。
メーカはサポート終了で全然駄目でした。

最近はメーカによるが製造から5年?
経過すると修理部品を保管しないのだとか。
部品がないのだろうか。

さあ、どうしよう。

色々見積もっても新規に買えば30?50万するそうな。
イラストレータやPhotoShop使うんでどうしても高額になるのだ。

実はもっと高齢のパソコンがもう1台、居るので
今、両方壊れると痛いだよな。。。

さあ、どうする。どうする。

家族の勤務先にに無茶苦茶詳しい人が居られる事を
思い出しましてね。。。

いちか、ばちか。
相談しPCを託してみた。

ほとんど諦めてたんですけど。
後日、修理できるとか。

電源ユニットとケーブルあたりが焼けていかれたみたいです。
蜘蛛の巣も奥に入り込んで、それも原因の要因だったのでしょうか?

結局、電源ユニットの中のパーツの部品を取り寄せて
新にユニットを作り、その周辺も交換して
無事に修理完了。元気になって戻ってきました。

古いPCだけど、愛着もありまして。

殆ど諦めてて直るとは思ってなかったんで
本当にうれしい限りです。




DSCN7681_600.jpg

先日は5月なのに寒く霜注意報が出てました。

夏服にチェンジしたばかりなので
この寒さ、ちょっと勘弁して下さい。 

寒いと云えば関東では雪が降ったとか?
5月に雪とは記録的です。
せっかく片つけたダウンを引っ張り出さないといけませんね。

雪といえば。
今年も『なんじゃもんじゃ』が
雪を被ったように咲いてます。
市原から大原に抜ける途中
青空の下、左手に白いフワフワが目立ってます。

で、あれは「なんじゃ?」と、寒いダジャレを
言うのは私です。

ヒトツバタゴ(木犀科 一つ葉たご:一つ葉田子)、

学名 オキナンツ、雪の花の意味

下鴨神社 躑躅と青もみじを楽しむ

DSCN7205_600.jpg

撮影は2018年4月26日 下鴨神社にて
ゴールデンウィークはきっと観光客が多いと思いまして
先撮りして来ました。

前日の雨で空気は澄み渡り快晴で
参道は、青もみじが美しく
日差しをさえぎってくれるので暑さ和らぎ
野鳥の声と共に心地よかったです。


DSCN7223_600.jpg

躑躅の季節ですね。
躑躅は空気を浄化してくれるとか。
境内は小川の水も透きとおり
森の中の清々しさとは違った清涼感があふれています。


5月3日は流鏑馬神事が、15日には葵祭りが執り行われます。
5月の季節、初夏ならではのお楽しみイベントです。

DSCN7253_600.jpg

冷蔵庫にあったジャガイモを植えると

DSC_0401_600.jpg

最初、ほんの冗談のつもりでした。
本当にお遊びのつもりでした。その時は、


冷蔵庫の野菜室にひなびて発芽しそうなジャガイモが残っており
食べるにはひなびてるし、捨てるには・・・
で、半分に切って植えたのです。

多分、植えたジャガイモは腐ると思ってたのです。
きっと腐ると思ってたのです。

だから、何もしないでほったらかしにしてたのです。
この間、これを見て
驚かない訳が無い。これってジャガイモですよね。きっと。
過酷な環境下ながら青々と元気です。
これから、どうなるのでしょうか?

野生の山藤があっという間に咲きました

DSCN7082_600.jpg

北部クリーンセンター下の市原バイパス脇の山藤(やまふじ)が
咲いてます。まだ蕾と思ってましたらここ数日の晴天で
あっという間にあたりは紫色が広がってます。

十三石橋方面や、北は大原、静原に抜ける脇道など
樹に蔓で巻きついて自生してます。
蔓なので大きな樹々などがあれば、山藤もでっかくなってきてます。

ちなみに蔓の巻きつき方がフジとは逆だそうです。

そういえば平等院の藤も6分咲とか
詳しくは平等院のホームページの開花状況です。
https://www.byodoin.or.jp/flower/

例年ゴールデンウィーク頃が見頃ですが今年は早いですね。

牡丹の花の名所は何処?

PICT0007_600.jpg

撮影は 京都府立植物園(2008年)にて

民家の軒下の牡丹が咲いてました。
で、市内の牡丹の開花しているところを調べてみますと

京都府立植物園の他に
枝垂れ桜で有名な本満寺で牡丹の花が咲き始めたようです。

長岡の乙訓寺も有名どころですね。

 開会状況は3分ほど、
 丁度、今日からボタン祭りが始まるみたいです。詳しくは
 ホームページ(http://www.eonet.ne.jp/~otokunidera/)をご覧下さい。


牡丹と云えば、
オリジナル扇子で牡丹柄の扇子デザインにしてみました。
詳しくはこちら→(http://www.acrowass.com/sens/mysens3.shtml
7寸5分35間 夏用のサイズです。
7_5_35_botan2_k_600.jpg

気温が上がってくると扇子が活躍する季節になりますね。

一年を通せば舞扇もございます。
成人式に人気の牡丹柄の舞扇です。
詳しくはこちら→(http://www.acrowass.com/sens/weding.shtml

9510_23_600.jpg

ホオジロとアケビの花

DSCN6993_600.jpg

足の腫れと水ぶくれも、もようやくひいてきて
10円玉くらいの大きさになってくれた。

10日間程、ほとんど家の中だったので
リハビリも兼ねてカメラを持ってゆっくり散歩に出た。

低い位置でホオジロのさえずりが聞こえ声を辿ると、おりました。
ラッキーな事にじっとしてくれたおかげで撮れました。

バイパス脇の歩道では至る所アケビの花も咲いておりました。 
昨年も記事にしまして、もう1年経ったのかな。。。『早い!』と
感じる次第です。

DSCN6990_600.jpg

白い花びらのように見えるのは萼とか。
雌雄同株。真中で開いているの2輪が雌花、
その下のほう、紫が下向いているのが雄花のようです。
雌花は1本、すーっと伸びて自己主張してるみたいで
区別がつきやすいです。
アケビの実は熟してくると真ん中がパカット割れるので

開け実 → アケビ
人のあくびのようなので
あくび → アケビ
と諸説あります。

本当にいたるところで咲いてるのですが結実を見るのは
決まったポイントでしか見つけられません。

千本釈迦堂 シャイな黒ネコ

DSCN6328_600.jpg

玄関で迎えてくれました。
近づいてきたので、手をのばせば逃げたり。
シャイな黒ネコでした。

DSCN6333_600.jpg

2018年3月27日 今年も綺麗に咲いてました。

今頃ですと遅咲きの御衣黄桜や紅八重なぞ咲いてるでしょうか。
昨日の雨で散ったかな。。

お足の腫れは徐々にひきつつあります。
傷口は水ぶくれが残ってます。
気長に直るのを待つしかないのですが
なまじ、元気なので部屋の中にいることが
ストレスになってきてます。

千本釈迦堂
京都市上京区七本松通今出川上ル溝前町1034

 交     通:JR「京都駅」からバス約25分「上七軒」下車、徒歩3分 
 ワンポイント:中風や諸病を封じる大根焚き、容姿が美しい「阿亀桜」で有名

DSCN6343_600.jpg

広角&マクロレンズで遊ぶ

DSC_0357_600.jpg

足の腫れが引かず満足に歩けないので
しばし、身近で遊んでみました。

100均でスマホのレンズを買ってきてもらい
遊んでみました。
キャンドゥの広角&マクロレンズで撮った苔です。

セリエのマクロレンズも買いましたがピントあわせが難しく
こっちの方が簡単で結構遊べます。

こっちは踊子草。

DSC_0373_600.jpg

こっちは、つくし。蛇の頭みたい。

100円で結構、いや、かなり遊べますね。
なんでも撮りたくなります。

DSC_0377_600.jpg

しかし、私の足の腫れは何時ひくのでしょうね。
抗生物質を呑んでから激痛だけは治まったのですが
水ぶくれはそのまま、足は2.5倍、象の足です。
翌日からは薬の副作用で下痢もひどくなりかなり凹んでます。
抗生物質を呑むと、100%下痢になります。

虫刺されと云えどもアレルギー、侮る事なかれです。
これからの季節、凹みます。

DSC_0397_600.jpg

3月21日にデビューしたばかりの叡山電車『ひえい』です。
市原へ帰る途中、茶山駅でお初でした。
1時間に1本と八瀬行きなので鞍馬行きに乗る私的には
これはラッキーでしょうか。
乗ってみたいですね。
デビューして間も無いので出町柳駅では行列になってます。
八瀬、比叡山の新芽の緑と合いそうです。

DSC_0400_600.jpg


『ノスタルジック731』にも合えましたね。
こちらは夕暮れから夜暗くなるまでが好きで
一杯飲んでから乗るとなんかジプリの世界に入ったような感じになります。
この感覚、なんて説明すればいいんだろう。
その名の通り「ノスタルジー」な感じ。家路までの温かみのあるレトロな
雰囲気が好きです。

DSC_0396_600.jpg

で、絶好の行楽期、あちこち出かけたいと思うのに
虫刺されの左足は2.5倍のまま腫れはひかず、靴は履けません。
薬のせいかドヨーンと倦怠感も出て
今日の寒も加わり大人しく寝るのが静養なんでしょうか。

お花見発祥の地の神泉苑の桜

DSCN6815_600.jpg

2018年4月2日撮影

二条城の南に位置する神泉苑

嵯峨天皇が桜のお花見をされてた事から花見発祥の地だそうです。
当時の花見といえば梅。以来、お花見は梅から桜になったようです。

桓武天皇の頃より歴史ある由々しき東寺真言宗のお寺です。

また、

ここ神泉苑は雨乞いの神事で舞を奉納した白拍子静御前と
義経が出会った場所。そこで
恋愛成就の『恋みくじ』などもございます。

そしてまた、

神泉苑公式ホームページによると
平安時代に疫病が流行ったため863年に

当時の国の数の66本の鉾を立て、祇園社(八坂神社)から神泉苑に神輿を奉納し
御霊会が執り行わたのが祇園祭の始めの初めだそうです。

神泉苑 ホームページ(http://www.shinsenen.org/

参拝時間 : 8:30から20:00
拝観料  : 境内自由
場所   : 京都市中京区御池通神泉苑東入門前町166 
交通   : 地下鉄東西線「二条城前」下車
TEL   : 075-821-1446

仁和寺の御室桜と妙心寺 退蔵院の桜

DSCN6860_600.jpg

撮影2018年4月4日 晴れ時々薄曇 

御室桜も満開でした。例年より一週間早いようです。

どうやら、ホームページによると
4月6日時点で散り始めているようです。
御室仁和寺 ホームページ(http://www.ninnaji.jp/

DSCN6896_600.jpg

妙心寺 退蔵院 ホームページ(http://www.taizoin.com/
こちらの余香苑への門の前の桜の枝垂れも満開でした。

DSCN6970_600.jpg

雲の合間で青い空と共に撮れました。

DSCN6937_600.jpg


悲しかな、お花見に気をとられて
何処から、何処でなのか、得たいの知れない虫に刺されたようで
昨日から左足首が2倍に腫れ上がって歩くのも苦痛です。
お医者さんに診てもらったところアレルギーがあるようで
薬を処方してもらいました。

しばし、大人しくするしかないです。

昔、ジーンズの上から刺されて、心臓はパカパカ。
バンバンに腫れた事がありました。
何処へ行くのも虫刺されには注意が必要ですね。

上賀茂神社の御所桜

DSCN6421_600.jpg

上賀茂神社の御所桜

晴天も今日までなのでしょうか?

午後、15:00以降、雨マークがついてます。

樹齢180年、まだまだ現役。
うっとりするほど、お美しいばかりです。

DSCN6430_600.jpg

哲学の道のネコと桜と銀閣寺道の桜

DSCN6591_600.jpg

久々に哲学の道の猫を見たくなって来てはみたものの

昼寝タイムなんでしょう。みな寝てるか、三々五々居ません。

1匹だけ目が合いましたので、ハイ!ニャーズ。
イイ瞳ですね。

DSCN6600_600.jpg

哲学の道の桜も、銀閣寺道の桜も美しさは100%
絶好のお花見日和です。
水路には散った花びらが集まりピンク色の帯になってきてます。

天気予報では今週末4月6日は荒天だとか。
ソメイヨシノの桜を楽しめるのもあとわずかです。

DSCN6608_600.jpg

平野神社で桜のシャワーをあびる

DSCN6389_600.jpg

4月2日、月曜日。昨日は日曜だったので実質

今日から新年度のスタート。

降り注ぐような桜のシャワーどうですか?

DSCN6376_600.jpg


平野神社は桜の名所、早咲きから遅咲きまで50種、
本数は、約400本の桜が1ヶ月近く楽しめます。

まさに苑内は満開、絶好の桜の苑となっております。

DSCN6384_600.jpg

蹴上のインクラインから南禅寺の桜

DSCN6552_600.jpg

多分、土日はお花見ですっごい人でしょう。
連日の快晴から少し薄曇りになってきてます。
さて、インクラインから南禅寺エリアの桜も満開です。

DSCN6559_600.jpg

もう少しお天気は続きそうですが
どうも4月6日、週末の天気は雨マークになってます。

桜、もう少しもってくれるとイイですね。


DSCN6564_600.jpg

DSCN6545_600.jpg

2018年3月28日撮影
岡崎の琵琶湖疏水界隈の桜。
この時期ですと桜回廊ですね。

雲一つない青空と桜の共演、アンド、十石舟です。

DSCN6532_600.jpg

桜の頃?ゴールデンウィーク
桜と新緑の頃蹴上琵琶湖疎水から岡崎動物園、美術館南の疎水を川端丸太町にかけて
約20分間、十石舟でゆっくりと回廊します。


期間:平成30年3月24日(土)ー5月6日(日)
夜間:3月30日(金)ー4月10日(火) 夜間は20:30まで
時間:9:30ー16:30 15分間隔にて運行

料金: 大人(高校生以上) 1,200円 小人(小・中学生) 600円

詳細のホームページはこちら
http://kyoto-tabi.or.jp/

DSCN6625_600.jpg

上賀茂神社より南へ下る鴨川街道も満開で
桜のトンネルが楽しめます。

DSCN6633_600.jpg

植物園の西、鴨川沿いの半木の道の桜も徐々に見頃を迎えていますよ。
例年より一週間か10日ほど早いです。
週末は至る所で満開ですね。

DSCN6667_600.jpg

祇園白川と円山公園の桜 満開です

DSCN6484_600.jpg

京都の桜は、何処もかしこも満開になってます。
円山公園のシンボルの枝垂れ桜も見頃です。

祇園白川の桜もこのとおり満開です。

お天気続きで夏日になって一気に咲いて、散らないか心配です。

週末は、お花見でググっと人が増えるのでしょうね。
今日も多かった。。。


DSCN6482_600.jpg


本法寺の桜

DSCN6285_600.jpg

天候に恵まれまして
本法寺の桜も見頃を迎えてます。
丁度、春季特別寺宝展 長谷川等伯 大涅槃図のご開帳されているようです。

【日程】平成30年3月14日(水)?4月15日(日)

【拝観料】大人:1,000円/中高生:600円/小学生以下:無料

 見 所 :紫紙金字法華経(重要文化財)
       長谷川等伯筆『釈迦大涅槃図』
       本阿弥光悦作の枯山水の桃山風庭園『三巴(みつどもえ)の庭』

 拝観料 : 御苑内は自由
 時 間 :10:00?16:00
 場 所 : 京都府京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617
 交 通 : 市バス「天神公園前」下車、東へ徒歩約5分
      地下鉄烏丸線「鞍馬口」下車、西へ徒歩約3分
 駐車場 : 有り
 TEL  : 075-441-7997


DSCN6289_600.jpg

本法寺http://eishouzan.honpouji.nichiren-shu.jp/
       日蓮宗の本山の一つ
       号は叡昌山
       1436年久遠成院日親上人が本阿弥清信の帰依を得て開祖   
       妙覚寺と同じく最初からこの地にあったのではなく
       下京区の東洞院綾小路から
       1464年中京区三条柳馬場の三条万里小路
       1536年の天文法華の乱で焼失。
       1542年後奈良天皇により、本法寺は一条堀川に再建
       1587年豊臣秀吉の命により、現在の地に移転
       1788年天明の大火により焼失
       と、焼失と移転を繰り返している。
       本阿弥光悦の本阿弥家菩提寺としても知られている。


DSCN6322_600.jpg

イイお天気が続いてますね。光悦さんもお花見でしょうか。

木屋町通り沿いの桜

DSCF8675_600.jpg


木屋町通りの桜は3月25日午前中の時点で
3分ほど咲きはじめてます。
(撮影場所は旧立誠小学校あたり)

陽気で一気に開花が進みそうです。


DSCF8673_600.jpg

京都御苑 出水の桜

IMG_20180318_600.jpg

京都御苑の出水の桜が咲き始めました。
昨夕、家の者に撮ってきて貰いました。

木屋町通りが三条から南がパラりパラりと。
鴨川は荒神橋東詰め、稲盛記念館前あたりの1本が咲き始めているようです。

例年より早いようです。

宝ヶ池の鹿たち

DSCN6161_600.jpg

小春日和、散歩に出かけると

いつの間にか宝ヶ池は野生の鹿が多くなっていた。
過去2回ほど記事にしてました。
その時はまだ桜の森や野鳥の森の奥の方でした。
この日、駐車場に入っていきなり売店横に数頭居おります。
奥の方にも居るみたいです。


カメラを向けて人が近づこうが
犬が居ようが、ジョギングする人が走り去ろうが
逃げません。まるで奈良公園の鹿みたい。
人を恐れてません。と、云うより人馴れしてます。
餌が貰えると思っているようです。

『餌をあげないように』と看板が掲げられております。
見るとカワイイのですが人と鹿のためにも
守りましょう。


DSCN6184_600.jpg

追記:宝ヶ池で鹿を撮ってた頃、
鴨川沿いで桜の花が10輪ほど咲いていたようです。(京都新聞より)

馬酔木(アセビ)清純と毒

DSC_0359_600.jpg

ソメイヨシノが咲く少し前に開花する馬酔木(アセビ)。
見つけました。小さな春の天使です。
白く小さな花言葉は『清純な人』
「おー!まさにそんな感じ」ですが可憐な花の葉と幹には
馬酔木の名前の由来通り馬も酔ってしびれるほど
毒性があるのでご用心。美しいものには棘がある。
カワイイものには毒があるとな。

ネジキとよく似てますがネジキは開花時期が5?6月ごろ
葉の形状も違います。木の幹もネジキの名前の由来どおりねじれてます。

今年もツバメが帰ってきた

DSCN5011_600.jpg
(写真は2017年6月 撮影)

昨日、3月6日は寒のぶり返しで寒い。
17:00頃、十三石橋で気温は4度。冬並の寒さです。

1枚脱いで出てたので気持ち寒いと思いながら走ってたら
向山、クリーンセンターあたりから懐かしい鳴き声が・・・・

上空を見ると、ツバメが20羽程飛んでいた。
『おーっ!おかえりー』
寒さ忘れて、春の使者に歓喜です。


結露も凍りました

DSC_0345_600.jpg

連日、厳しい寒さ。
雪は降らないものの寒すぎて
エアコンの設定を28度にしても数時間経っても20度にも上がりません。
そして、エアコンの真下のサッシは結露も凍ってます。

そして光熱費はうなぎのぼりです。
参った、参った。
じっとしてると寒いので休憩はペットボトルで筋トレして体温上げてます。
でも、痩せない。

初詣 鞍馬寺から貴船神社へ

DSC_0328_600.jpg
毎年、初詣は家→鞍馬寺から奥の院経由で貴船神社→家
が恒例のコースで今年も参らせてもらいました。

途中、奥の院あたりから倒木の多さと山の荒れように
驚きました。
2017年の積雪でも倒木はあったと思いますが
2017年10月の台風の影響は想像を超えてました。

大きな木々が根こそぎなぎ倒されておりました。

DSC_0329_600.jpg

聞いてみると12月上旬まで通行止めだったようです。

なにも知らずにいつもの様に、お気楽に歩けると思っていましたが
山の荒れようから通行出来るようになるまで整備された方々は
非常に大変だったかと思います。お疲れ様です。

下鴨神社 戌の絵馬

DSC_0334_600.jpg

新年おめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

初詣、毎年見入ってしまう画家、塩谷榮一氏の戌の奉納絵馬です。
今年は「不如一忍」と書かれています。
12月絵馬奉納の時、
『不如一忍   一忍にしかず 

ならぬ堪忍するが堪忍

怒りにかまけて動いても大概ろくな事にならない
忍耐こそ大事である
我慢すればすむのです。

「忍ことが大切なんだ」』

と、塩谷榮一氏の説明が添えられておりました。

『戌笑う。』は株式相場格言ですが、怒らず忍耐、忍耐。
元々この世は理不尽。
笑えない事があっても笑っている方が何事も、イイわな。

いよいよ紅く

DSCN5895_600.jpg


比叡山も、宝ヶ池も、紅色に衣替え。
比良山も伊吹山では白の世界。初冠雪。
今年の秋は足早に駆け抜けるのでしょうか。

11月なのに、ぶるっと、寒く夕方の5時頃で十三石橋では
気温は4度を記録してます。
きっと明け方はもっと寒いのでしょうね。

DSCN5889_600.jpg

妙満寺 紅葉進んでます

DSCN57955_600.jpg

夕方の様子です。徐々に進んでます。
来週末になると全体が見頃になりそうです。
「えいでん」も、鞍馬行き京都バスも
お客さん多いですね。

土日市内の道路状況は、やはり紅葉の名所は渋滞ぎみです。
駐車場も探すのが大変みたいです。
平日かな・・・

DSCN5764_600.jpg

部屋の窓から、叡山電鉄の線路脇の紅葉がチラチラ見えるので
天気も良く、お昼の休憩に、どのくらい紅葉が進んでいるか
確かめたくて二ノ瀬駅まで散歩に出た。

たぶん、紅葉のトンネルは色づいてるみたいです。
お日さんも良く当たるし
きっと早めに色つく紅葉が植林されてるのでしょうか。

二ノ瀬駅よりも紅いです。

DSCN5747_600.jpg

二ノ瀬はこれからですね。
白龍園も公開中。
白龍園、家から近く歩いて直ぐなので
入ってはみたいのですが
観覧券は出町柳駅に行かないと買えない。しかも一人1枚、当日券。

わざわざ出町駅まで往復の電車賃を二人分払ってまでは
流石に躊躇し、散歩の度に外から眺めるだけで
非常に残念です。

日没が早くなりました

DSC_0320_600.jpg

3連休は、晴天でしたが混んでますので
PCと部屋の整理整頓をしておりました。

年末の掃除より、まだ暖かい11月の方が
体も動かしやすいので要らぬファイルも
ガラクタもポイポイ捨てて
おかげさまで、少しすっきりしたような。

だいたい、師走は寒いのであまり掃除はしたくなく
徹底的にするには夏か秋に大掃除してます。

4時ごろ散歩に出ると、もう日が暮れかかっています。
飛行機雲もススキも、お日さんに当たるものが
神々しく光ってます。

ものぐさにはもってこいの季節です。

DSC_0297_600.jpg

台風21号で交通規制があり、その後ですが
雲ヶ畑方面はまだ通行止めです。
雲ヶ畑方面へは国道162号線からとな。
右京区、高雄経由31号から107号って事でしょうか?

結構、かなり遠回りのルートです。


雲ヶ畑の方面はバスが廃止になってヤサカタクシーが走らせる
「もくもく号」が1日2便だけ走ってたのですが今どうなんだろう。

ちょっと気になって調べてみました。
ヤサカタクシーのホームページの最新のおしらせによると

『2017年10月27日8:00 雲ケ畑バスもくもく号運行再開のお知らせ

通行規制により10月23日から26日まで全便・全区間で

運行を見合わせておりました雲ケ畑バスもくもく号ですが、

本日27日より全便・全区間にて運行を再開いたします。

道路状況により一部徐行運転となりますので、遅延が予測されます。
ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承ください。

運行路線 雲ケ畑バス(北大路駅前?雲ケ畑岩屋橋間)全便、全区間』

とある。なんとか行き来できるみたいです。

平時は、鞍馬奥も雲ヶ畑も緑豊かで空気も水も澄んで、ハイカーも多く
美しい所ですが大雨や雪などの時は、車で走っていても道路脇や
山の稜線の倒木など気になるほどで厳しい道路事情です。

徐々に通れるようにはなってきてますが
鞍馬奥の方、百井、小出石もまだ規制があるようです。

次の22号も大雨とか、山道は倒木も多く特に注意が必要です。

DSC_0298_600.jpg

台風一過 通行止め

DSC_0285_600.jpg

台風一過、市原駅は周辺は無事かと思ってたので
いつものコースへ出たのですが。
十三石橋の三叉路で雲ヶ畑方面へは通行止めでした。

雲ヶ畑下杉坂線  107号線  道路陥没 だそうです。

DSC_0296_600.jpg

家の前の交差点では
京都広河原美山線  38号線 百井別れ 鞍馬本町が通行止めです。
道路交通情報によると土砂崩れのようです。

この他に滋賀県への下鴨静原大原線 40号線は倒木でしょうか
R367 八瀬野瀬町 花尻町も倒木でみたいです。

鉄道もマヒして道路は京都から滋賀県へは五条の方も大渋滞とか。

DSC_0290_600.jpg

写真は十三石橋の三叉路の南、鴨川上流です。
杉林がなぎ倒されて鴨川が見えるようになってました。

強風による倒木が多いようです。

歩道も足元が悪いです。車道の様子から、
かなりの雨が流れ込んだものと推測します。

DSC_0293_600.jpg

大原 曼珠沙華の風景

DSCN5542_600.jpg

先日のお彼岸の日の大原の「里の駅」界隈の様子です。
丁度、彼岸花、別名では曼珠沙華が見頃で
赤い絨毯を敷いたような箇所も所々ございました。


この日は、日差しも強く暑かったのですが
周りは黄金の稲穂と、青い空。完璧な秋の景色でした。

DSCN5520_600.jpg

宗像神社のにゃんこ

DSC_0257_600.jpg

御苑を通り抜けている最中、人が集まっていたので
覗いてみると、数匹のネコが居た。
近づこうにも、うち1匹にはこうやって逃げられた。
やっぱりネコだね。バランス感覚がイイね。

DSC_0272_450.jpg

此処の猫は、地域ネコになるのかな?
なんとなく、通る人に可愛がられている様子。

此処は京都御苑の南西あたり、此処に猫がいることは
初めて知ったし、宗像神社を訪れるのも京都に長年いながら初めて。

DSC_0263_450.jpg

宗像神社

 拝観は自由
 京都市上京区京都御苑9

 創祀は793年、藤原冬嗣が桓武天皇の勅命により平安京を鎮護するため

 筑前宗像神社を勧請したものだとか。

 主祭神は、多紀理比売命、 多岐都比売命、 市寸島比売命

DSCN5427_600.jpg

お盆を過ぎて少しづつエアコン無しの夜が増えてきて
窓を開けるとほのかに風が部屋を通り、眠りの中に・・・・

朝は涼しく、遠くから美しい野鳥の声。
美しい声が心地よく、まどろみの中『あー極楽』。
と、ここまでは。。

しばらくすると、窓の外で美声の持ち主が
大音量で囀りだした。
びっくりして外を見るとイソヒヨドリのつがいが
呼び合っているではないか。
あわてて撮影したのが、これ。
地味なのでメスの方です。オスは屋根の上にいるみたい。

離れて聞くには綺麗な声の主たちも
至近距離で鳴かれると目覚ましに匹敵する音量で
夢の中から現実に引き戻された。




家紋入りの扇子が受けてます


DSCF8177_600.jpg

オリジナルの扇子を作ってます。
季節を問わず家紋入りの扇子のオーダーが多いです。
色々な家紋を入れてます。

ご興味がございましたら
http://www.acrowass.com/sens/mysens_k.shtml
見てね。

DSC_0241_800.jpg

暑中お見舞い申し上げます。
連日、口からでるのは「暑い」だけです。

暑すぎて、ネコもどっかに隠れてます。
観光地はやたら人が多くて、暑苦しくて行く気がしません。
暑いので、愚痴らせて下さい。

数年前まで京都市内の観光地に、色々出向いてたのですが、
段々と少し行儀の悪い観光客が多くなって
流石にうんざりしてきました。

この間、三条界隈で昼食をとるべくお店に入ったんですが、
我々がオーダーした料理が運ばれてきてきた時、
異国の地の方が
わざわざ我々のテーブルに来てスマホをかざして
写真を撮ろうとしたのには
思わず『むっ』としてしまいました。

わたしゃ、心が狭いのか・・・
自問自答してますが、オーダーした料理の上から
他所の人が断りも無く写真撮影なんて。。
マナー以前、言語道断です。

静かだった鞍馬も「わけのわからん大きな声」が響いてる。

ごっついスーツケースに席、陣取って大きな声・・・

そんあ、こんなで京都には「わけのわからんワンダーランドエリア」が
あちこち増えてね。行く気がしなくなってる次第です。

こんなに観光客が増えたら京都市、儲かってるはずなのに
なんで財政難ばっかり云うの?
たしか、財政難とかで美術館の命名権ネーミングライツ)の募集してたな。

財政難とかの割には自分らの給与やボーナスはちゃっかり上がってるし
税金払ってる市民は全然、恩恵受けてないし。
変なの。





此処は宝ヶ池公園 えっ?鹿?

DSCN5404_600.jpg

ここは、奈良公園。いえいえ、京都の宝ヶ池公園です。
野生の鹿がおりまして・・・・
時々、公園で見かけるになりました。

が、
近づいて来る・・・来る。
ちょっと、待って。ちょっと、待って。

逃げるどころが寄ってきます。

餌付けされてるのでしょうか?
人馴れしてるみたいです。

可愛いけど。
これでイイのかね?

奈良公園じゃないし、イイ訳ないじゃん。


DSCN5398_600.jpg


祇園祭 後祭り 巡行

DSCN5333_600.jpg

何年ぶりでしょうか。
本当に久々に巡行をチラッと見ることが出来ました。
相も変わらず、蒸し暑さに、汗だく。
少し曇り勝ちなんで、まだ、マシな方でしょうか。

暑さ以上に異国の地の観光客の多さに驚きました。
デパートも、地下の通路も、トイレまでも異国の方々。

此処ってどこよ?
京都なん?えっ?えっ?

繁華街で勤務している家の者には聞いてはいたんですがね。。
ほんとに驚きました。

毎年観光客が増えてきて、それはそれでイイのですが。
土日やシーズンに期になると国際会館駅の宝ヶ池バスターミナルで
バスを待っていても積み残されるようになりまして
猛暑の中バスターミナルで積み残されると夏場はきついです。
熱中症になりかけそうです。

京都のバスだけはありません。
叡電も昔はスカスカでしたが観光客が毎年増えてきて、シーズンには
乗れない時があります。

紅葉のライトアップになると、市原でギュウギュウですから。。。


京都市、
観光で潤うのもイイけど
受け入れ対策をする前に人を「入れて、入れて」ギュウギュウにして
市民は息苦しいです。
酸欠(金欠)の鯉みたいに口をパクパクするばかりなり。です。



モフっと、ほのぼの

DSCN5207_600.jpg

仕事でピリピリ。おつかれ気分。
梅雨のジメジメ。これは、結構参る。

時々、大声出したくなると家を飛び出る。

イライラして飛び出すんだが・・・
こんな光景見ると、口元緩みます。

さっきのイライラなんて・・・・忘れました。
ありがとね。カルガモさん。

青もみじの妙顕寺

DSCN5097_600.jpg

有名な観光地は人も多くゆっくり出来ないので
静けさを求めて・・・・寺之内界隈を歩く。


妙顕寺
   ホームページ:https://www.shikaishodo-myokenji.org/

 四海唱導妙顕寺、日蓮宗の大本山の一つ。

 日蓮聖人の孫弟子、日像上人が、1321年に創建。
 京都における日蓮宗最初の道場として創建したのが
 当寺の起こり。
 1334年に、後醍醐天皇から法華宗号と勅願寺の綸旨
 (詔の趣旨)を受け、法華宗最初の勅願寺として
 洛宗洛外の宗門の第一位に認められた。
 度々の法難と災禍により寺地を転々とし、
 1585年、秀吉の命により西洞院二条の旧地から
 現在地に移された。1788年、天明の大火で焼失
 したが、1834年に再建され、今日に至る。

 尾形光琳筆の「松竹梅」図三幅、
 塔頭の泉妙院には、光琳と陶工として
 有名な弟乾山の墓がある。 

DSCN5103_600.jpg


  場所    : 京都市上京区寺之内通新町西入妙顯寺前町514
  拝観    : 庭園拝観300円 特別拝観時は500円 本道前の境内は自由
  時間    :10:00 ?16:00
  交通    : 京都地下鉄南北線 烏丸今出川下車約7分
        市バス「堀川寺之内」下車、寺之内通 徒歩約7分

  TEL    : 075-414-0808
  所蔵    : 尾形光琳筆の「松竹梅」図三幅
        狩野永納筆三幅對


  庭園    : 光琳曲水の庭
        龍華飛翔の庭
        孟宗竹林の坪庭

DSCN5106_600.jpg

DSCF4724_600.jpg

瑠璃光院の青もみじが綺麗とか。
口コミで参拝者が多いらしいですよ。
写真を探してみると有りましたね。
撮影は2013年5月のものです。
本当だ写経机や畳も青くなってますね。
当時は拝観料金も安かったので春と秋に数回訪れてました。
本当に青葉美しく春の拝観は6月15日迄でなので
訪れてはいかがでしょうか?

瑠璃光院
29年4月15日から6月15日特別拝観
参拝時間: 10:00?16:30
拝観料 : 2,000円
場所  : 京都市左京区上高野東山55番地
交通  : 叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」下車 徒歩5分
      比叡山ケーブル「八瀬駅」下車 徒歩5分
駐車場 :公共交通機関ご利用下さい
TEL  : 075-781-4001

DSCN4913_600.jpg

車がブンブン走っている市原バイパスの
アスファルトの上に止まっておりまして。
なんでそんなとこに、おんねん。

『危なっ!』・・・ペッタンコになるので

ちょっと、保護させてもらって
ネジキの木に移動してもらいました。

 死んだふり?
 保護すると直ぐに動かなくなって焦りましたが
 黒のカメラケースに入れて
 移動してると、直ぐに元気になりました。

久々のアサギ君に、合えて感激というか、ちょっと興奮気味です。

今の時期、此処で合う事が出来たのだとすると

北、信州への旅の途中でしょうか。

よーく休んでから旅を再開して下さい。

DSCN4901_600.jpg

カワラヒワかな?

| トラックバック(0)

DSCN4891_600.jpg

同じ田んぼで見かける集団。
飛ぶと羽が緑色と黄色の鮮やかな
スズメ位の大きさの鳥はカワラヒワかな?

河原でよくみられるとか・・・でも田んぼでした。

レンズを向けるとあっという間に逃げられて

結局、電線に止まっているのを見上げて撮るので
こんなポーズになります。「ごめんなちゃい」ポーズですね。

DSCN4892_600.jpg

叡山電鉄 まとい号

| トラックバック(0)

DSC_00218_600.jpg

紅く、いなせな君は?
叡山電鉄 京都市左京消防署と左京消防団の『まとい号』
時々、走ってる姿はお見かけするのだが、こうやってゆっくり
カメラに収まってくれるとは。。。ラッキーかな。


DSC_00219_600.jpg

丁度、1年ほど前から走ってます。
鞍馬と八瀬方面の方が紅いラッピング塗装に消防団員募集とあります。
反対方向出町柳方面は白だそうです。
まだ、白バージョンは見た事がありません。
えいでんはや京都府警『パトレイン』や以前はアニメの『けいおん』
ございまして、親しみ深い路線であります。

柊野堰堤のさくら

| トラックバック(0)

DSC_0222_800.jpg

桜も散り始めました。
市内中心部は散り始めました。
柊野堰堤のサクラも少し散り始めてます。

1年待ちわびて、出会えれば、また1年待たないと
会えなのですね。だから尚更、好きなのかな。

妙満寺 枝垂れ桜

| トラックバック(0)

DSCN4711_600.jpg

雷雨と雷雨の狭間で晴れた時間帯に撮影。

晴れた朝と思いきや、お昼にはいきなりの雨。
夕方、再び雷鳴轟き雨に変わったこの日。
一時、晴れ間が訪れましてシャッターを押す事が出来ました。

DSCN4744_600.jpg

今年はソメイヨシノが散らずに持ちこたえてくれています。
枝垂れも見頃となり例年より長く桜を楽しむ事が出来ております。

DSCN4730_600.jpg

上賀茂神社の御所桜

| トラックバック(0)

DSCN4503_600.jpg

4月9日の上賀茂神社の御所桜、見頃です。
色の濃い、遅咲きの斎王桜もそろそろ見頃になってきてます。

4月11日は、風雨キツク、せっかく満開となった桜も散らないか
心配です。加えて肌寒いです。
こんな天気だから公共の交通機関も各駅で混雑している模様。
皆様、お気をつけて!

桜のトンネル 鴨川にて

DSCN4521_600.jpg

曇天続きの日々ですが。。。
桜は満開になりました。
此処は、上賀茂神社から鴨川を下る桜の並木道。
桜のトンネルが北山まで続く道です。

桜の頃は車の取る抜けも多いのので安全に要注意しながら
桜を堪能できます。

DSCN4517_600.jpg

朝、早く起きて散歩するのも良し。
あまりにも綺麗なので心がウキウキする桜並木です。

高野川の桜 京阪出町柳駅近くにて

DSCN4449_600.jpg

4月5日、水曜の京阪出町駅、北側の高野川の様子
北に向かって北山まで歩いてみた。
木々によって咲き方が遅い、早いがあるみたい。
この木が一番咲いていて3分咲き位だろうか。

他はまだ、ほんの咲き始め、全体的には蕾が多かったので
これからといった感じ。

京都御苑 平安の庭 満開です

DSCN4441_600.jpg

京都御苑の桜は出水の桜も、近衛の桜も満開です。
そして皇宮警察、平安の庭の桜も満開です。

今年も見事な咲きっぷりです。

週末前後は曇りと時々雨が続きそうです。
晴天には恵まれそうにありませんが淡いほど薄色のピンクが
かえって引き立たされて気品ある美しさです。

つくしちゃん

DSC_0199_600.jpg

市内の桜は開花宣言したものの、ゆっくりで洛北の方は、まだほとんど蕾ですね。
開き始め2分になるかならないかのようです。が、
お天気だと明日かあさってポンポン開きそうです。

洛中のほうは平野神社や京都御苑など早咲きが満開に近いようです。

つくしも眠りから目が覚めた様子です。

桜が咲き始めたらしい

DSCN2094_600.jpg

2日前に柊の堤の桜、1輪開いているのを見つけた。
昨日は、20度近く気温が上昇し鴨川のソメイヨシノの桜が
ポチポチ開花しているらしい。

やっと咲いたかと思いきや今日は、雨模様で再び寒い。
それでも平野神社や京都御苑の早咲きの品種は咲き始め散るようです。

『桜の開花宣言』、今日されました。
昨年より8日遅く、例年より3日遅いとか。
メジロも「桜、咲いたよ!」と宣言させて下さい。

遅い春 

DSC_0189_600.jpg

北区の雲ヶ畑へと市原バイパスの三叉路の十三石橋、
関電電力の水力発電所横の畑の梅

野生の梅でしょうか。やっと見頃になりました。

今年の春は全体的に遅めです。
桜は民家軒下の早咲き種がやっと開花しました。
ソメイヨシノなどの種類はまだの様です。
早咲きの京都御苑の近衛の桜も蕾のようですね。



まだ走れない 十三石橋

DSC_0170127_600.jpg

2017年1月26日17:10分ごろ撮影
北部クリーンセンターのバイパスの車道の雪は融雪剤ですっかり解けてますが
歩道は一週間経っても、場所によっては足元が悪く
スパイクかグリップの効いた靴でないと滑ります。
走れるかなーと走ったら、『つるっ』といきました。

谷あいごとに残雪が違います。此処は日も当たらないので
当分、走る時は足元注意でしょうね。

最強寒波も抜けて京の今日は

DSC_0167_600.jpg

京都市左京区、叡山電鉄、市原駅の方もしっかり、積もりました。
女子駅伝で修学院からボタボタ降ってたけど、更にまだまだ、
横殴りの雪でした。

で、月曜は足元が悪いので外に出れないし
やっと火曜に散歩に出てみました。
道の真ん中は融雪剤まかれてるので融けてきてるとは云えど
北部クリーンセンターの近くはこんな感じです。

市原大橋や十三石橋あたりの日当たりの悪い箇所は
凍結がちょっと怖いです。

こんなんじゃジョギングは当分無理みたいです。
ウォーキングで40分弱のコースが1時間以上かかってしまって
おニューの雪道は結構疲れいいトレーニングになりました。


DSC_0171_600.jpg

金福寺 紅葉も終わりです

DSCN4264_600.jpg

今年の秋は短く、あっという間に紅葉も終わりを迎えています。
暖冬、暖冬で例年なら今週頃が見頃だったような気がします。
1週間ほど早いのかな。

遠く、山々に目をやれば、色とりどりの枯れた色合いが
しばし眠りにつく生き物たちの寝床を用意している様な。
やがて枯れ葉のお布団の上に、白いカバーが掛けられのでしょう。


DSCN4265_600.jpg




上賀茂神社の紅葉

DSCN4030_600.jpg

ならの小川の紅葉。午後、西からの日差しが透け抜けて煌びやかです。
平日は人も少なめでゆっくり出来ます。

聞いたのですが嵐山は交通渋滞と観光客で賑わってるとか。
東福寺の通天橋はすっごい人なんで期間中は撮影禁止になったとか。
ずいぶん前から日本人の観光客だけでも桜と紅葉の期間中は
バスも取りこぼされ満足に乗れない路線もある。

2020年には4,000万人の海外からの観光客だって。
「のんびり」と「はんなり」は何処へ?

DSCN4072_600.jpg





叡山電鉄 きららと紅葉

DSCN4233_600.jpg

京都市内、どこもかしこも紅葉が見頃です。
家の近くの市原と二ノ瀬間の「えいでん」の紅葉のトンネルも見頃のようです。

この時期、叡山電鉄はライトアップしてるので夜になっても満員です。
夕方になると市原駅から観光バスへと乗り継ぎする
団体客がワンサカと増えてきます。静かな此処も年に今の時期だけ
それも夕方だけ、人が多くなるのです。

DSCN4159_600.jpg

寒くなれば

DSCN3938_600.jpg


11月10日は12月中旬並みの寒さでした。
十三石橋の気温表示で夕方17:00頃で5度でしたので
朝はもっと寒かったと思います。
此処は京都市内より5度ほど温度差があり寒いんです。

寒い寒いで紅葉が一気に進んでます。

昨日、白龍園の入り口まで行くと叡山電鉄の紅葉のトンネルあたりが
紅葉し見頃のようです。きっと鞍馬や貴船方面は見頃でしょう。

銀杏がタワワに実り枝が撓るほど徐々に色濃くなってきてます。
11月12日、今日は小春日和の暖かさ。。。少し気温高め?

絶好の紅葉狩りに適した天候です。

ただし、『熊注意』の看板が出てますので散策は注意が必要な感じです。

DSCN3934_600.jpg





イタドリの花

DSC_0138_600.jpg

秋ですね。10月、小さな花と云えば
金木犀が有名どころだが秋に白く小さな花、ゆえに、目につく。

ヌルデの花かと思っていたのですが、どうもイタドリの花のようです。
虎杖と書きます。タデ科。
根茎生薬になるとかで痛み(疼)を取るからイタドリだとか。
春先の若茎は利尿作用、生薬は止血、鎮痛など。
小さいけどよーく見ると、可憐な花です。
やがて扁平状の果実から種へと変わってゆきます。

DSC_0092_600.jpg

子供の頃、登下校途中のおやつでした。
今の道路わきと違って
空気も澄んで、車もまばらな昔々の話なんで。。

????以下間違いでした????

ヌルデ ウルシ科ウルシ属とか。

白膠木 フシノキ
樹木は、漆のように幹に傷をつけると白い樹液が出てくる。
この樹液は木材などの塗料として漆のように用いられる。

漆と聞けば子供の頃ひどく被れたので気をつけているけど
これは漆ほどではないらしい。
「らしい」との事だが皮膚が弱いの場合は気をつけよう。

葉は、ヌルデシロアブラムシが集って虫こぶを形成する。
この虫こぶを乾燥したのが生薬の五倍子(ごばいし・ふし)になる。
タンニンが多くお歯黒、染料などに持ちられた。

花は9月頃、結実すると塩味の粉に包まれる。昔、山間では塩の代用に
していたらしい。

大原 彼岸花のじゅうたん

DSCN3807_600.jpg

9月も終わりです。が、暑い!
夏の薄手のシャツも汗でぐっしょりです。

週明けから月末まで晴れが続くような。。先週の天気予報は外れて
どちらかと言うと、曇りか雨日和が続きそうな感じ。
また、台風18号も発生したようです。

肌で感じるのは秋と言うより夏。
で、視覚と嗅覚と聴覚は秋の気配。

彼岸花の赤に金木犀の匂いにコウロギの歌。
アンド、稲刈り後の田んぼに軽トラとコスモス。
これに秋刀魚の焼く匂いにネコが居れば
懐かしい子供の頃のこんな秋の情景、、、、


都会で、タワーマンションとかで育つ子供の秋のイメージって
どんなもんなのだろう。

あっ、今はアチコチ旅出来るからこんな景色見ること出来るよね。

DSCN3829_600.jpg

秋の使者

DSC_0132_600.jpg

台風16号が近づいてきてます。今は雨も小康状態。
今日は、部屋の中で通り過ぎるのを待つのみ。
昨日は、急な雨にずぶ濡れになりました。
雨雲レーザー見てもまだ大丈夫と高をくくったのが間違いでした。
油断は駄目ですね。

さて、雨が振ってくる前の野生の萩と団栗です。
団栗もいろんな種類があるようです。これはクヌギの団栗のようです。

暑い暑いとボヤキながらも気がつけば初秋の気配。
野道はススキに秋の七草に虫の声アンド鹿の声に団栗です。

野生の萩はとても、小さく可憐です。

野生の栗も青いイガイガをいっぱいつけてます。
散歩の通り道は、10月に入る頃になると
アケビ、栗など順番に落ちてきます。
傍にはスズメバチの巣が決まってあるので取りに行ずに
落ちてるのを貰うだけ。御裾分けです。

DSC_0135_600.jpg

祇園祭 後祭りも終わりまして

DSCN3669_600.jpg

お天気に恵まれて祇園祭の後祭りも無事に終了しました。
しっかし、暑かった、暑かった!

御池を出発点として各鉾と山を回って、回って、ぐるりと回ってから
そのまま出町柳へ歩いて、歩いて。炎天下では流石に疲れます。

道中、歩いてて気がついたのは『ポケモンGO』探しで
人が外に出てきていること。

夕方も、何キロほど走りに出てんですがね。。
時間的には、いつもは人も少ないのに、すれ違う若者。。
あっち、こっちにチラリホラリ。
人通りも少ないんで場所的に老婆心ながらセキュリティ面で心配です。

気をつけて遊んでください。

DSCN3652_600.jpg

祇園祭 前祭り

DSCN3452_600.jpg

今宵は宵山、きっと凄い人が集まってるんでしょうね。
昨日はこの時期にしては比較的涼しかったで
午後から出向いてみた。

お昼過ぎは、金曜で人もそこそこ。
これならと、思いながらゆっくり見物。。。
やがて時間とともに、まっすぐ歩けません。

DSCN3513_600.jpg

14:00過ぎになると拡声器で「左側を歩いてください」
「止まらないでください」と呼びかけるようになっている。

たぶん、刻々と混雑するんでしょう。

見物客は増えて大盛況らしいのだがニュースでは
高齢化と継承者不足で大変らしい。
華やかとそれを支える裏方の苦労。

そんな中、京都の各大学の学生たちが
ゴミゼロ作戦や各鉾のボランティア活動など何某かで
参加してくれているのを見て、伝統がこうやって継承されると
『イイネ』と思ったのであります。ありがとう学生。

祇園祭りの始まり

DSCF4902_600.jpg

7月に入りました。

7月1日は吉符入です。これより1ヶ月間が祇園祭りです。
四条界隈ではコンチキチンと祇園囃子の音が響いてます。

写真は2013年の時の様子。
鉾立ては7月10日からなのでこのように鉾が見られるのは
丁度、1週間後ですね。

毎年、梅雨明け前頃の蒸し暑い頃。

今年は更に暑そうです。

祇園祭り云えば、なぜか昼間からミュンヘンで生ビール飲んで鶏の唐揚げ
を食べたくなります。なぜか、なぜか。
今年もミュンヘンが私を呼んでいる。。。

前祭山鉾巡行 7月17日 23基の山鉾が出発。

後祭山鉾巡行 7月24日 10基の山鉾が出発。

1ヶ月の日程は こちら 

DSCF4889_600.jpg

烏の雛

DSCN3299_600.jpg

近所にチョーラブラブで、仲むつまじい烏の夫婦がいる。
雨が降ればオスであろう大きな方は小さな方に羽を少し広げて
傘のようによけるしぐさをする。
いつもベッタリ。朝から晩までベッタリ夫婦でこんな夫婦も珍しい。

このラブラブ夫婦が又もや電柱に巣を作った。
これで2回目。2年ぶり。
前回は1羽落ちて。。。助からず、埋めたっけ。

DSCN3310_600.jpg

巣の下は交差点で、車の往来が多いのに、凝りもせず。

せっせと子育てする姿は烏と云えども脱帽。感心するばかり。
畑からミニトマトを失敬したり、コンビニ側に置かれている
キャットフードを食らったり、、まあまあ、ツイツイ観察してしまう。

そんで
雨もよく降るので落ちないか、毎日観察して2週間ほど。

あっと云う間に巣立ちした。本当にあっという間。

ツバメの天敵でゴミは荒らすし、決して好かれる事はない
カラスだけど、この家族は憎めないんだなぁ。

クマノミズキ

| トラックバック(0)

DSC_0291_600.jpg

クマノミズキ (ミズキ科 ミズキ属)

市原バイパス、クリーンセンターから鴨川上流の
十三石橋経由、高橋橋にかけて
白い小さな花をつけた木々を見る事が多い。

5月にも同じ花が咲いていた記憶が。。。
で、調べるとそれはミズキでした。

ミズキとクマノミズキの区別が難しくて、簡単には
開花時期に違いがあるようです。
この花はミズキより1ヶ月ほど後の6月から7月頃、
撮影が6月20日、そして
よーく見ると葉が細長く、左右相対、花弁は4枚なので
きっとクマノミズキでしょう。

毎日毎日、さすがに梅雨のど真ん中、よく雨が降ります。
雨が一時的に上がり、次に降るまでの間、
十三石橋周辺の山々は、上昇気流で立ち昇る霧が墨絵のようで
幻想的です。

ネムノキ

| トラックバック(0)

DSC_0292_600.jpg

ネムノキ ネブ ネブノキ 合歓木 マメ科
梅雨の合間。
開花が始まりました。
ケサランパサラン見たいな花。
これからしばらく市原バイパス界隈でもよく見る事が出来ます。


ピンクの花みたいなのが雄蕊(おしべ)だそうです。
左の方にこれから開くであろう蕾があります。

ネムノキの名前の由来は夜になると葉が2つに閉じる事からだそうです。
撮影は夕方6時過ぎ。
写真、お分かりでしょうか?
閉じ始めてませんか?

クララ 眩草

| トラックバック(0)

DSCN2996_600.JPG

あいにくの雨ですね。部屋の中はムシムシしてます。
外に出る方が、まだ気分転換になります。
扇子の出荷も無事終わりました。
クリーンセンター下の遊歩道で、こんなん見つけました。

クララ

まあ、なんと「クララ」云えば「アルプスの山ハイジ」をイメージする。
全然、違いますよ。。。
マトリグサ、クサエンジュ 眩草 苦参 マメ亜科

全草有毒、アルカロイド

根は、噛むと頭がクラクラするほど苦い事から由来している。
この根が生薬の苦参(クジン)にもなっている。消炎、鎮痒作用があるのだが
量を間違えると呼吸困難、大脳麻痺を引き起こすので
非常に要注意の植物のようだ。

しかし、オオルリシジミがこれ食草にしてるので来るのではないかと
興味をそそられる。

DSC_0287_600.jpg

花の時期から結実の時期に入りつつ。。。
ランニング途中などでよく見つけます。

コレは、

オニグルミ(鬼胡桃)、クルミ科クルミ属

花は雌雄同株で
雌花は小さな花を赤く上に向かって付け
雄花は雌花の下に栗の花のように穂のように長細く垂れ下がっている。

写真は若実のようで
秋になると色を茶褐色に濃くして熟したまま落下する。銀杏の実みたいです。

DSC_0284_600.jpg

落下した実の中に種子がありこれが所謂クルミ(胡桃)で、市販より実は小さいのですが
勿論、食べられるし「胡桃仁(にとうにん)」とも呼ばれて生薬となり滋養強壮が
あるそうです。

リスなどの餌にもなるようで。

店で売っているのは、「信濃胡桃」(しなぐるみ)や
その他「ペルシャグルミ」とか「カシグルミ」などや交配した種類があるそうです。

DSCN3078_600.JPG

正伝寺で見かけた白く梅より大き目の花

これも空木とな

正式には梅花空木( バイカウツギ ばいかうつぎ)
ユキノシタ(アジサイ)科
別名:サツマウツギ フスマウツギ

名前の由来は梅の花に似ているところからきているが
梅は花びらが5枚に対して梅花空木の花弁は4枚で非なるもの。

DSCN3247_600.jpg

オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)の実(カバノキ科ハンノキ属)

花は3・4月頃、木の実より長く間伸びた感じ。
名前の由来は熟した果穂が夜叉にも似ていることからだって。
舌を噛みそうな名前です。

緑から茶色に変色した実はタンニンを多く含むため、
黒色の染料の五倍子(ふし)の代用として利用。

最近の研究では、雄の花の花粉がどうもアレルギーを引き起こすらしい
事がわかってきた。

なんと、なんと、散歩途中に多くあるぞ。

正伝護国禅寺と比叡山

| トラックバック(0)

DSCN3089_600.jpg

撮影は6月2日です。
風がきつい日です。そのせいか青空に恵まれました。
こんな日は比叡山がすっきり見えます。
春はモヤがかかり、中々このようにくっきり見えません。

あいにくツツジは終わりを迎えてましたが人は居らず
ほとんど貸切状態。
時折、鶯の声も響いて大満足でした。

DSCN3092_600.jpg

吉祥山正伝護国禅寺通称「正伝寺」

小堀遠州作の枯山水庭園
比叡山を借景に
7・5・3に配されたつつじの刈り込みは珍しく、
「獅子の子渡し」とも呼ばれいます。


 京都市北区西賀茂北鎮守庵町72
 市バス「神光院前」バス停下車、西へ徒歩15分 五山の船山の麓
 拝観時間:9:00?17:00
 拝観300円 駐車場:有り(拝観者に限る)

DSCN3062_600.jpg

古知谷 阿弥陀寺の青楓

| トラックバック(0)

DSCN3033_600.jpg

清々しく涼しいここ数日です。
山道は更にヒヤッとしてます。そして、この時期は非常に静かです。
心落ち着く大好きな空間です。

樹齢800年の古知谷楓の回りは青葉に囲まれてます。

阿弥陀寺石垣には雪ノ下が自生してます。小さな花ですが良く見ると
森の妖精のような可憐な美しい花です。

DSCN3044_600.jpg

 拝観時間:9:00-16:30 
 住  所:京都市左京区大原古知平町83
 拝観料金:300円 
 交  通:京都国際会館駅より京都バスにて大原・小出石行き
      古知谷下車、徒歩約15分
 TEL  :075(744)2048 
 駐  車:無料あり バス10台分 自家用車30台分
      山門脇と参道奥にもあるが奥は狭い 
 特  記:車椅子はバリアフリーでない為、拝観は難しい
 見  所:阿弥陀如来坐像
        開山弾誓自作の植髪像と伝えられる本尊
        古知谷楓
        瑞雲閣 茶室

DSCN3052_600.jpg



イボタノキ 水蝋樹

| トラックバック(0)

DSC_0252_600.jpg
十三石橋下、関西電力洛北発電所入り口で見つけた花。

微かに香る花の香りにハチが集まっている。
スズメバチの女王かな、とてつもなくでっかいハチも蜜を吸いに来ている。
刺激しないようにそーーっと。そーっと。

イボタノキ 水蝋の木 水蝋樹 (ハクレンボク  モクセイ科)

変な名前の由来は
イボタロウムシが樹皮に寄生し、
体から分泌する白いロウをイボにつけるとイボがとれるとか。
は、定かでないが艶出しなど工業用ワックスになるらしい。


ネジキ 捩木 カシオシミ

| トラックバック(0)

nejiki_600.jpg

頭上に小さき花、よく見るとなんと可憐な。
ネジキ (捩木) 別名  カシオシミ
ツツジ科ネジキ属 有毒植物
小さくて白い花 釣鐘状です。

名前の由来はあっちこっちのサイトを調べると「幹がねじれることから」だそうだ。
昔、薪木にするに捩れて真っ直ぐでないので斧を入れるにも
難儀なことからの由来だそうだ。

花が終わると樹の区別は多分難しいかと思うけど
この時期は花をつけてくれるので判りやすい。


DSCN2967_600.JPG
常盤山樝子 ピラカンサス

ピラカンサス バラ科トキワサンザシ属

5月下旬から咲く花です。色々呼び名があるようで

橘擬(たちばなもどき)  
常盤山樝子(ときわさんざし)
中国名は火棘(かきょく)

秋になると赤い実をたわわにつけます。

DSC_0226_600.jpg

十三石橋下の関西電力洛北発電所に通ずる橋のたもと、スマホで撮影。
今の時期、至る所で空木がタワワに咲いて綺麗です。
蕾がコロンコロンしてて「タワワ」といった感じで思わずパチリ。

昨年と同じ説明ですが。。
空木 卯木 ウツギ 卯の花 ウノハナ ユキノシタ科 雪の下(ゆきのした)科

5月から6月山野で見られ
丁度旧暦4月卯月の頃に花が咲くので卯木、卯木の花 ウノハナと呼ばれる
また、枝の中が空洞なので空木とも呼ばれる。 とか。。

仲間:ヒメウツギ、シロバナヤエウツギ

DSC_0228_600.jpg


全然、話変わるけど。さっき、消防車がけたたましく
何台も鞍馬の方、北に向かって上がって行った。
部屋の下にも1台停まって物々しい。
何事か??

カナメモチ

| トラックバック(0)

DSC_0214_600.jpg

5月は市原バイパスの両脇は色んな白い花が順に咲き出す。
日中、日差しもきつくなってるけど散歩が楽しい理由の一つが
この季節の花を見つけることです。
今日は、

カナメモチ バラ科カナメモチ属

5月下旬から咲く花です。色々呼び名があるようで

常盤山樝子に似てて間違ってしまいそう。


秋になると赤い実をたわわにつけます。

DSC_0215_600.jpg

国際会館駅 ヤマボウシ

| トラックバック(0)

DSCN2912_600.jpg

30度を超える夏日が続く。5月なのに。
暑いので目でも涼をとろうか。
地下鉄、国際会議場駅、北側を出たところのヤマボウシが
涼しげである。
山法師 山帽子(ミズキ科ミズキ属)

白い花びらに見えるけど、この白い部分は花ではなくて葉に近い総苞で
中心の緑の部分に20個程物々集まったのが集合花。

プツプツ突起のある赤い実は食べる事も出来るようだ。

『山法師』の名は4枚の頭巾をかぶった法師のように見える由来らしい。
云われてみればそう見えるのかな。


話は全然変わるけど、昨日1台のPCが知らぬ間にというか
勝手にwindows10にバージョンアップしてかなり焦った。
なぜならヤマトの送り状発行ソフトB2を入れてたんで、敢えてバージョンアップ
してなかったのに。。。。どうも、バージョンアップの通知の予約を見落として「後で」と
甘く見たのが災いしたようだ。
で、肝心のB2は、動いているようだ、と思う、思いたい。
そう願う。。

吸葛 花言葉「愛の絆」

| トラックバック(0)

DSCN2925_600.jpg

毎日の歩くコースは、毎日、同じ景色で単調で。。。。面白くない!
は、?です。
よーく見ると季節ごとに日々変化を与えてくれて楽しい。

これ、「吸葛」(すいかずら)スイカズラ科スイカズラ属 Honey suckle

花言葉は「愛の絆」だって。情熱的な花言葉。
そんな風には見えないのだけど

「吸葛」の名前の由来は、甘い蜜を吸うことからとか。
蓮華の花を吸ってた記憶があるが、そっか、
そっか花に蜜があるんだね。

昔は砂糖が貴重品だったもんね。わかるような・・・

他にもいろんな呼び名があるようで

冬も葉は落葉させずついたままなので「忍冬」(ニンドウ)と呼ばれ
生薬としては茎は刻んで天日干させ煎じると
抗菌作用や解熱作用があるとされる。

開花する頃は花蕾を乾燥させて生薬では金銀花とも呼ばれる。
金銀花とは白色から黄色、色が変わってくる。最後は紫色なる。
花の形状も4対1で人の手のひらのようで面白い。

生薬としての効用は季節ごと部位ごとにあるらしく
夏の汗疹や皮膚を美しく、美容にも大変よいとか。

これから夏、汗疹に弱いので実に興味深い。

DSCN2911_600.jpg

今週は五月晴れが続くようです。
で、オクラの苗が欲しかったので出かける。
10時頃は日差しはきつくても日傘を広げると
風も涼やかで、バスに乗らずにどんどん歩けます。

が、時間と共に夏日です。太陽はテッペンに位置し
荷物を持つ手にさすがに暑くなり。帰りは、しばしの休憩。
気がつけば妙満寺の睡蓮が花をつけていた。

ついぞ2週間ほど前は躑躅が咲き乱れても睡蓮は、まだ咲いてなかった。
季節と年は追いかけっこしながら駆け巡る。

DSCN2908_600.jpg

DSCN2882_600.jpg

大書院の北側で見つけた。
ゴージャスなツツジ?
まさか、つつじ科つつじ属だけど時期的には

これは、おそらく西洋石楠花 かと思う。





DSCN2865_600.jpg

名前はシャガ、

漢字では「著莪」
別名 「射干」「胡蝶花」

アヤメ科アヤメ属

日陰地、湿地でに咲く花。
なので里山等の日の当たりにくい場所で容易に見つけることが出来る。
雲ヶ畑奥の志明院への道の両脇でもこの時期は直ぐ目に入る。

そして、貴船への道端脇でも群生している。
日陰という環境下に加え寒さに強く、冬でも緑のままでで繁殖する。
花の容姿は厳しい環境にもかかわらず気品にあふれている。


DSCN2618_600.jpgのサムネイル画像

DSC_0174_600.jpg

散歩の途中、丁度、華頂大学神山グラウンドに入る途中の
山道脇でピンクの小さな花々を見ることが出来た。
ちなみに普段は、閉じられてますが
少年野球の練習でゲートが開いてました。
このエリア以外にも、谷あいの小道や麓でも
漏斗の形をしたピンクの可憐な花なので目につきやすく
気になる花です。

そこでこの花をネットで調べてみる。

ウィキペディアによると
 タニウツギ「谷空木」 
 スイカズラ科タニウツギ属
 別名
  紅空木(ベニウツギ)
  田植えの時期に花が咲くので「田植え花」ともいう。
 別品種:シロバナウツギ
  

クリーンセンター周辺の向山エリアでは
5月は、他にもウツギ(空木 別名:卯の花 ユキノシタ科)の花も見ることが出来ます。
似た名前で同じ仲間かと思いきや科目が違います。
二ノ瀬から十三石橋まで遊歩道があるのでハイキングにもってこいの場所です。
が、このエリアに限らず
山なのでイノシシと鹿とダニと稀に熊には要注意のようです。




妙満寺 ツツジの頃

| トラックバック(0)

DSCN2744_600.jpg

人の混雑が苦手な私は、連休は洛北から南に下りる気もしなく
買い物エリアでのんびりさせてもらいました。

妙満寺のツツジが綺麗です。3,000株ほどあるそうです。
今年は桜と一緒で例年より花の見頃が早いような気がしますが
ゴールデンウィーク最終の土、日
マダマダ見応えがありそうです。

DSCN2766_600.jpg

静市静原の鯉のぼり

| トラックバック(0)

DSCN2661_600.jpg

ゴールデンウィーク晴天に恵まれていますね。
市原から大原に向かう府道40号線途中、
静原に鯉が川の上を泳いでました。
田んぼの準備中で、のどかな田舎の風景に心癒されます。

鯉のぼりと云えば、もう直ぐ端午の節句ですね。

DSCN2396_600.jpg

撮影は4月6日 
京都府立植物園の西、鴨川沿い、800メートルの桜の回廊、半木の道の74本の
紅枝垂れ桜が見頃でした。


一夜明けて、
今日4月7日は嵐的な大雨。
せっかく満開になったのに散らしの雨にならないか心配です。

DSCN2400_600.jpg


京都府立植物園

参拝時間 : 通常9:00⇔17:00(切符販売は16:00まで)
     1月1日28日は18時まで
     4月29日5月31日は18時30分まで
拝観料  : 大人200円 高校生150円 小学生80円
場所   : 京都市左京区下鴨半木町
交通   : JR・近鉄京都駅、阪急烏丸駅から地下鉄烏丸線「北山駅」下車3番出口すぐ
     京阪出町柳駅から市バス1系統または京都バス「静原」「市原」行き
      バス停「植物園前」下車徒歩5分
     名神高速道路京都南ICから車で約30分
駐車場  : 普通800円 160台収容
TEL   : 075-701-0141



高野川 桜の並木

| トラックバック(0)

DSCN2251_600.jpg

撮影 4月4日

雨は上がりましたが、あいにくの曇り空。
高野川の桜並木。
桜は満開です。

DSCN2277_600.jpg

京阪『出町柳駅』から北上、北山通りのワンブロック手前付近まで続きます。
散歩を楽しむ地元の人々に愛されている桜並木です。

DSCN2281_600.jpg


DSCN2185_600.jpg

撮影4月2日

3月30日はまだ、咲始めだった御所桜も満開でした。
樹齢180年と老木ですが、凛として美しく楚々とながら貫禄たっぷりです。

DSCN2190_600.jpg

鳥居を入って直ぐ右に立つピンクが濃く鮮やかな陽光も満開でした。

DSCN2166_600.JPG


DSCN2216_600.jpg

撮影 2016年4月2日
四季折々の花が楽しめる妙満寺
紅枝垂れ桜が順次見頃になってます。
蕾のある木もありますが順次開花してます。
京都市左京区岩倉幡枝町91
TEL 075-791-7171


DSCN2227_600.jpg

千本釈迦堂の「阿亀桜」

| トラックバック(0)

DSCN1987_600.jpg

容姿が美しい「阿亀桜」。
撮影は3月27日で蕾がまだ多かったのですが
4月にはいるとすっかり見頃を迎えているようです。
北野天満宮や平野神社にも近いので少し足を延ばして
訪れてはいかがでしょう。

DSCN1994_600.jpg

千本釈迦堂
京都市上京区七本松通今出川上ル溝前町1034

DSCN2070_600.jpg

撮影 2016年3月31日

気温が上がって日中は天気が良かったので
この日、時間と共に南に下がるにつれて一気に桜も開いた気がします。


DSCN2097_600.jpg

3分から5分咲かと思っていたのですが
5分から7分に近いです。大豊神社あたりでは見頃ではないでしょうか。

きっと、今週末、土日は満開の見頃でしょうね。
天候が心配です。


DSCN2133_600.jpg


DSCN2023_600.JPG

撮影3月29日 上賀茂神社
楼門前の賀茂桜は見頃でした。

上賀茂神社境内では3月後半頃、早目に咲く「御所桜」。
かなり老木だと思うのですが見事な花びらをつけてくれ、容姿の美しい桜です。
この日は咲き始めの印象です。3分くらいでしょうか。
奥の「みあれ桜」はまだ蕾み固しのようです。


DSCN2007_600.jpg

近隣の桜も相対的に、このような感じで開き始めています。
今年はゆっくり楽しめるのでしょうか。

DSCN2013_600.jpg

平野神社の魁桜

| トラックバック(0)

DSCN1965_600.jpg

撮影は3月27日(日曜)
早咲きの魁(さきがけ)桜がちょうど、満開の見頃を迎えてました。

ソメイヨシノは開花は早かったのですが冷え込みが続いたため
まだ、開き始めているという感じです。

蕾が多いので人も、いつもより少なめ?
なのでしょうか。

たぶん30日以降、気温がグングン上がると一気に開きそうです。

本殿 右の大内山桜や衣笠桜はまだまだこれから先のようです。
DSCN1976_600.jpg

妙満寺 紅葉もまだ見頃

DSCN1690_600.jpg


成人式の扇子の注文が多くて紅葉狩りにも行ってなかった。
快晴なのと買い物ついでに妙満寺に寄ってみた。
おおー、まだ見頃じゃないか。と、云うより日陰では青葉も混じってるぞ。
12月に紅葉が見頃なんて。。。。
今年の紅葉は変だそうだ。温暖化のせい?エルニーニョのせい?
市原寮の紅葉もやっと今が見頃を迎えた。山々も今が色深く綺麗だ。


11月は暖かい日が続いて、紅葉の色付きは12月、朝晩寒くなってから
やっとなんだけど、今年の京都の紅葉は赤にならず中途半端に散っているのが多く
相対的に紅葉が綺麗じゃないらしい。


DSCN1696_600.jpg

昨日は12月の風物、大根炊きで賑わっていたそうだ。
今日は凄く静かで、いつもの様子です。
帰り際、ネコがやってきてお天気でご機嫌さんなのか、
ゴロゴロとへそ天のお披露目。きゃわいいにゃー。

DSCN1709_600.jpg

二ノ瀬の銀杏

| トラックバック(0)

DSC_0116_600.jpg

叡電、市原駅から二ノ瀬間の紅葉のトンネルを見に
多くのお客様が訪れております。

毎年、山々が彩り美しい時期ですが今年はイマイチ。
色の移ろいが遅いのです。

で、銀杏はといいますと、例年より早く散ってしまいました。

暖かい日が続いていたのですが
多分、その前に一度急に冷え込みが進んだせいでしょうか。


私の頭のようにハラハラと

そして

ボタボタと臭く大好きな君がこれまた頭を直撃しながら落ちてきてます。



DSC_0129_600.jpg

DSCN1602_600.jpg


京都市内は勿論の事、叡山電車鞍馬線の市原駅から鞍馬へも、
日々紅葉を楽しむお客さんが増えてきた。
土曜の雨の日、市原のローソンのトイレに渋滞の列が出来てたんで
『びっくりポン』だす。

人の多いのが苦手な私は、静かな場所を捜し求めて
奥へ奥へと逃げてゆくのです。


DSCN1615_600.jpg

此処までくると、いつもより人が多いと思いつつ
圧倒的に少なく、やはり静かです。

坂道は少しだけ勾配がありますが、ゆっくり登れば
苔が出迎えてくれ心洗われる思いと申しましょうか。
落ち着くんです。

殆ど落葉ですが小春日和、本堂の縁側からに座って眺めるのも良しです。


DSCN1591_600.jpg

 拝観時間:9:00-16:30 
 住   所:京都市左京区大原古知平町83
 拝観料金:300円 
 交   通:京都国際会館駅より京都バスにて大原・小出石行き
       古知谷下車、徒歩約15分
 TEL:   075(744)2048 
 駐   車:無料あり バス10台分 自家用車30台分
       山門脇と参道奥にもあるが奥は狭い 
 特   記:車椅子はバリアフリーでない為、拝観は難しい
 見   所:阿弥陀如来坐像
        開山弾誓自作の植髪像と伝えられる本尊
        古知谷楓
        瑞雲閣 茶室

DSC_0089_600.jpg


9月27日、今宵は中秋の名月。
お月見用のお菓子と栗のお赤飯が食べたくて出町柳の「ふたば」さんに
に行ったけど何重もの大行列にあきらめて(並ぶの苦手で)
では、と、ついでじゃないけど梨木神社に足を運びました。
丁度、いい時期ですね。蕾も多く、楽しめそうです。


DSC_0087_600.jpg

途中、京都御苑の中を歩いてきたのですが
青い実をつけた植物が群生してまして
気になって帰って調べると

ヤブミョウガ(藪茗荷 ツユクサ科青い実だそうです。


DSC_0082_600.jpg

7月の頃は小さな花を沢山つけます。下の写真は下鴨神社で撮った
ヤブミョウガの、これは、まだ蕾でしょうか?
咲くと小さな可憐な白い花をつけるので
なにやら園芸にも用いられているとか。

DSCN0028_600.jpg

初秋の草花

| トラックバック(0)

DSC_0070_600.jpg

8月の終わりごろ道端で見つけた小さく白い可憐な花。
センニンソウ(仙人草)
別名「馬食わず」って呼ばれるようでこう見えて毒性があるらしい。
9月一杯まで見られる。


DSC_0079_600.jpg


大原の「里の駅」のフジバカマ
秋の七草
今年は少し早いのかな?10月いっぱみられると思う。
アサギマダラが集まってくるよ。


DSC_0076_600.jpg

そして野生の萩
庭園の萩より小ぶり
9月も半ばになると風も涼しく鰯雲も流れすっかり秋の訪れだ。
このまま穏やかに季節が流れて欲しいと祈るしかないのか。
あまりにも天変地異が多い。


松尾大社 山吹に萌ゆる

| トラックバック(0)

DSCN1451_600.jpg

桜のピンクも散り終わり、春の日差しと共にやがて色恋しや。
京都最古の神社で醸造の祖神として知られる松尾大社の山吹が目映ゆくなる。

4月の中頃、山吹が見頃を迎える時期である。


DSCN1434_600.jpg

雨が多い春のせいか、日差しが出ると部屋から迷わず出たくなる。
多分、私だけだけじゃないと思う。
これだけ悪天候続きの後の週末の晴天だと出かけたいよね。

青葉に目映い山吹の黄色は曇天と雨続きで鬱々の気分からパッと
目覚めさせてくれるビタミン色だった。


DSCN1400_600.jpg

参拝時間 : 5:00?18:00
庭園拝観時間 9:00?16:00
拝観料 : 自由散策
庭園拝観料: 500円
場所 : 京都市西京区嵐山宮町3 
交通 : 阪急「嵐山線松尾駅」下車
      市バス32系「松尾大社」下車
駐車場 : 無料 普通100台収容
TEL : 075-871-5016(松尾大社 社務所)

千本釈迦堂 御衣黄桜

| トラックバック(0)

DSCF2734_600.jpg

本日2015年4月15日も雨模様
4月に入って、梅雨時の様に、しつこい雨模様。
午前中晴れたと思いきや、急に上空は真っ黒になりザーっと降ってくる。
4月の空じゃない、夏の空である。

桜、御室桜と鞍馬の雲珠桜と梅宮大社の八重桜、三千院の桜が
京都の桜では終わりの方の代表的な桜でしょうか?
この点、知識不足にてお許し下さい。

緑の御衣黄桜も遅咲きの品種ですね。
平野神社や御室仁和寺にも植えられています。ここ千本釈迦堂にも
10本ほど植えられています。

すっかり散ってしまいましたが、八重桜と御衣黄が
観光客を迎えています。

しっかしながら、えー加減に晴れて欲しいモンです。



DSCF2729_600.jpg


2015年 宝ヶ池の桜並木

| トラックバック(0)

DSC_0051_600.jpg

今日も雨で始まりました。
天気が悪いと憂鬱な気分になりますね。
昨日は薄日が出て久しぶりに川端高野川を通った。
桜はあっけなくも散り始め、なーんとなくメランコリー。
桜を探しながら帰路につく。
左京区の宝ヶ池、同志社中高校の西側の疎水の桜並木
まだ、此処の桜は北なので残っていた。
多分、今日の雨で此処の桜も散ってゆくのね。ありがとね。
この光景もまた、来年への楽しみに取っておきます。

DSC_0052_600.jpg





DSCN1374_600.jpg

2015年4月8日 雨と曇り続きでしたがやっと日差しが戻ってきました。 
そこで午後、平野神社に行って来ました。
やっぱりソメイヨシノは殆ど散ってました。
しかし、此処は他品目50種ほどの桜が楽しめるという事で
この日でも満開の桜とこれから楽しめる桜がありました。

平野神社には似た品種が一葉や松月とあります。
これは旭日(キョクジツ) という種類の桜でしょうか?
もしかして、大阪の造幣局の桜の通り抜けで今年の桜の『一葉』?
木に名前を付けてくれていたので覚えておけばよかった。。。。公開。
まさに、これからという感じです。

DSCN1377_600.jpg

本殿 右の大内山桜です。この手前の衣笠桜も満開でした。

DSCN1385_600.jpg

本殿 左の白雲桜です。百年あまりの古木だそうです。
古木には見えないほどタワワに咲いてます。

DSCN1392_600.jpg

早くに咲く魁桜は散ってきてました。残りわずかな感じです。
京都で桜の開花というと、この魁桜や京都御苑の近衛の桜から
咲き始めます。

DSCN1393_600.jpg

丁度、紅枝垂れは満開の見頃でした。
今週は花冷えで寒いのですが他にも普賢や緑の御衣黄等、
遅咲きの桜はこれから4月中は楽しめそうです。

2015年 妙満寺の桜 

| トラックバック(0)

DSCN1187_600.jpg

今日も雨

快晴のお花見とは無縁の模様。

土曜の日中は曇り模様だが休日で鴨川はこの日ばかりと花見客が
多かった。そう、今年は晴天に恵まれない。

鞍馬、原谷、御室とマダマダこれから楽しめる。

晴れの日を待つ。。。多分そんな日には仕事が入るのでしょうね。
それが嬉しいかな。

DSCN1192_600.jpg


DSCN1342_600.jpg

2015年4月2日の金戒光明寺の桜の開花状況です。

すっかり満開となってました。


DSCN1340_600.jpg

桜が開花したのに今年は晴れる日が少ないようで
天気予報とにらめっこしながら、晴れたらカメラ持ってバーっと出かけてます。
とは云えど、皆さんも同じなので桜の名所は車では駐車場は空きが少なく、
渋滞に巻き込まれたりで移動が大変です。
時間のロスが多いので
どこかポイント決めて歩くのがベストのようです。

それでも晴れた日の桜は綺麗です。


DSCN1308_600.jpg





DSCN1200_600.jpg


3月31日、晴天の日
上賀茂神社を鴨川へ出て北山通り、植物園までの
桜並木が3⇔5分ほど咲いていました。

DSCN1199_600.jpg

桜の頃、土日ですと花見客も多いのですが
さすが平日は人も少なくゆっくり堪能できました。
今日は雨でした。
雨でも2月1日から合計気温が400℃に達せば開花するそうなので
順次開いてきてますが、やっぱり晴天がイイに決まってます。

DSCN1205_600.jpg

今年は天候が恵まれない様子。
明日は晴天なのでお花見は絶対チャンスですね。

DSCN1169_600.jpg

2015年 3月30日 市内をぐるっと回って3分から5分ほど咲いてきてます。
急に咲いてきました。

京都御苑の近衛の桜と出水の桜は3月31日か4月1日には見頃を
迎えるでしょう。出水の桜は殆ど見頃に近いでしょう。

高野側沿いの桜は、北大路橋を挟んで南は3部咲き、北は咲きはじめです。
岡崎公園の疎水周辺も3分から5分咲です。

明日、あさってと天候よければ一気に見頃になりそうです。

しかし、天候は序所に週末雨模様に映る為、見頃は足踏みか
気温の上昇と共に7?8分、つまり満開になるでしょうか。

DSCN1167_600.jpg

DSCN1177_600.jpg

DSCN1145_600.jpg
2015年3月28日の時点で本殿前、楼門付近の桜は開花してました。
新郎新婦さんには最高のお天気と桜で良い結婚式かと。
御所桜は咲き始めたという感じです。
全体的には、まだまだ蕾が多いです。

DSCN1124_600.jpg

2015年 京都で桜が開花?

| トラックバック(0)

DSC_0021_600.jpg
2015年3月21日、京都のさくら開花宣言。。。と云いたい所、まだ2輪だけでした。
鴨川上流の北区、柊の堤のさくらです。
3月18日には、市原のクリーンセンター側で鶯の初鳴きを、その2分後に上空では10羽ほど
ツバメの初飛来を確認しました。
急に暖かくなったので例年並みか、早いのか?
どちらにしても気分は春ですね。
週明けからの寒さのぶり返しげ心配です。


常照寺 10年に一度の紅葉

| トラックバック(0)

DSCN1031_600.jpg

今朝起きると、霜でしょうか?初雪でしょうか?
うっすら白い世界になってました。

市内の紅葉も寒さですっかり散ってしまって写真は11月27日の撮影です。
今年の紅葉は10年に一度の紅さで綺麗だったそうです。

DSCN1029_600.jpg

確かに、何回か訪れますが本当に発色が良く
見事なコントラストですっかり紅葉狩りを楽しめました。


DSCN1021_600.jpg


常照寺

参拝時間 : 8:30から17:00
拝観料   : 300円
場所     : 京都市北区鷹峰北鷹峰町45
交通     : 市バス北1系統「鷹峯源光庵前」 下車 
駐車場   : あり
TEL     : 075-492-6775

DSCN1023_600.jpg

三明院の紅葉 隠れ名所

| トラックバック(0)

DSCN0796_600.jpg

天候のお陰か、今年の紅葉は一際、紅く色鮮やかで
持ちもいいらしい。

近くに蓮華寺がある三宅八幡の隣の三明院の紅葉も
葉がチリチリの木もあるが相対的には色鮮やかで美しい。

観光客も少なくこの美しさを独り占め出来るなんて。。。
午後の紅茶じゃなく、午後の紅葉です。

DSCN0788_600.jpg

三明院  
 真言宗醍醐派、山号は延壽山(えんじゅざん)
 本尊は弘法大師像、脇仏は不動明王と歓喜天尊

 時間  :自由
 場所  :京都市左京区上高野西明寺山28
 交通  :叡山電車「三宅八幡宮」下車 徒歩約5分
 駐車場 :なし 三宅八幡宮の駐車場利用の場合茶屋で500円
 TEL   :075-711-1568



DSCN0777_600.jpg


DSCN0927_600.jpg

今年の紅葉は本当に色鮮やかで赤が一際美しい。
金福寺も紅葉の名所だが例年より赤い。
この週末が身頃のピークだろうか。

一雨毎に、散り始めた。散ると次は雪が舞う。

DSCN0928_600.jpg

紅葉の絨毯と紅葉ケーキ?
なんとなく、ケーキに紅葉をトッピングしたように見えた。
そう思うのは食い意地が張ってるから?
DSCN0931_600.jpg

佛日山 金福寺

参拝時間 : 9:00?17:00
拝観料   : 大人300円 中高校生200円
場所    : 京都市左京区一乗寺才形町20
交通    : 市バス一乗寺下り松町下車
         叡山電鉄一乗寺下車
駐車場   : 近隣有料あり
TEL     : 075-791-1666

鉄舟と親しかった松尾芭蕉が、京都に旅行した際に訪れた草庵は
芭蕉庵と名付けられたが、一時期荒廃する。後に与謝蕪村とその一門が再興した。
その与謝蕪村の墓所である。

DSCN0898_600.jpg

さて撮影は11月24日の曼珠院の紅葉です。
昨日25日と今日26日はあいにく曇天と雨模様ですね。
雨の紅葉も一際色が鮮やかで好きです。

DSCN0891_600.jpg

天気予報ではどうやら紅葉の見頃のピークは週末だそうです。
その後は、紅葉の絨毯を楽しめるでしょう。

ここ曼珠院の紅葉の絨毯も見事だそうですよ。

DSCN0886_600.jpg

参拝時間 : 9:00?17:00(受付は?16:30)
拝観料  : 一般600円
場所    : 京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
交通    : JR京都駅 市バス5系 岩倉行 一乗寺下り松町下車
         叡山電鉄 一乗寺下車 東へ徒歩で約20分
駐車場   : 50台程無料有 ただし紅葉シーズン中規制有、徒歩が良い
TEL    : 075-781-5010

赤山禅院の紅葉

| トラックバック(0)

DSCN0831_600.jpg

11月24日、連休最終日、快晴は続く。
天台宗総本山 延暦寺の塔頭、赤山禅院の紅葉も身頃を迎えていた。

銀杏の黄色をバックに鬼門除けの猿がにらみを利かす。

DSCN0822_600.jpg

日の光に透ける紅葉が個人的には好き。
この日は少し日差しが強いは小春日和。
益々、赤の深みが増してます。

DSCN0817_600.jpg

週明けは雨なので今日が紅葉狩りのチャンスでした。

DSCN0836_600.jpg

参拝時間 : 9:00?16:30
拝観料 : 無料
場所 : 京都市左京区修学院開根坊町18
交通 : 市バス5 修学院離宮道
駐車場 : 無し
TEL : 075-701-5181

ホームページ:http://www.sekizanzenin.com/



上賀茂神社の紅葉

| トラックバック(0)

DSCN0738_600.jpg

京都市内の紅葉はどこも見頃迎えています。
三連休に晴天、紅葉狩りに格好の条件です。

ここ上賀茂神社も紅葉の赤に深みが増しとても綺麗です。

DSCN0719_600.jpg

今年の紅葉は赤みに深みがあり色鮮やかです。
三連休、どこに行こうかな。。
それは、今、京都でしょう。

DSCN0728_600.jpg

古知谷 阿弥陀寺

| トラックバック(0)

DSCN0700_800.jpg

今年の樹齢800年の古知谷楓はどうだろうか。
11月も後半に入る日行ってみた。
大原や八瀬の紅葉はすっかり見ごろを迎えていた。
概ね市内の紅葉は何処も見頃を迎えているようだ。

古知谷楓、、、、日の当たるところは落葉と見ごろがあり
未だ青葉の混在となっている。
午後3時を過ぎると日も当たらずこのように少し暗くなり
ぐっと肌寒くなる。

駐車場の紅葉は落葉が進んでおり、例年より少し早いような気がする。

 拝観時間:9:00-16:30 
 住   所:京都市左京区大原古知平町83
 拝観料金:300円 
 交   通:京都国際会館駅より京都バスにて大原・小出石行き
       古知谷下車、徒歩約15分
 TEL:   075(744)2048 
 駐   車:無料あり バス10台分 自家用車30台分
       山門脇と参道奥にもあるが奥は狭い 
 特   記:車椅子はバリアフリーでない為、拝観は難しい
 見   所:阿弥陀如来坐像
        開山弾誓自作の植髪像と伝えられる本尊
        古知谷楓
        瑞雲閣 茶室


DSCN0711_800.jpg

DSCN0677_600.jpg

市原と二ノ瀬の紅葉のトンネルが見ごろを迎える頃、
そして野小学校の銀杏の葉がハラハラと落ちる頃
丁度二ノ瀬の銀杏も丁度いい按排の黄色深みを増してます。

市原野小学校の銀杏の落葉が始まる頃と二ノ瀬の銀杏が黄色が増す頃
京都市内の紅葉の見ごろを迎える頃でしょうか。

DSCN0681_600.jpg

落日前、日の光を浴びる銀杏。
ちょっと銀杏拾いもしました。うーん、銀杏は臭い。

2014年 鴛鴦が帰ってきた

| トラックバック(0)

DSCN0571_600.jpg

10月につきそろそろ鴛鴦が戻ってきている筈。
久しぶりに宝ヶ池に行く。
やっぱり戻ってきていた。

DSCN0566_600.jpg

10年位前の時から数は減ってきているように思うのだが
毎年、10月になると帰ってくる。
鴛鴦に飛来を確認すると琵琶湖の湖白鳥の飛来も
気になる頃である。

DSCN0582_600.jpg

湖面に写る姿も又、美しや。。

DSCN0557_600.jpg

大原 秋を歩く

| トラックバック(0)

DSCN0410_600.jpg

お彼岸、大原の里の駅に野菜の買出しに行ったついでに
しばし近辺を歩く。ネコ歩きが目的ですが暑い日中に居る筈もなく
トボトボ歩くと丁度、彼岸花が見ごろで収穫の終わった棚田に
彩を添えてました。


DSCN0404_600.jpg

台風11号 鴨川上流

| トラックバック(0)

DSC_0144_600.jpg


台風11号が四国、近畿を縦断し多くの被害をもたらした。
昨年の台風第18号を思いだすような雨量水と風だった。
雲ヶ畑の降水量が多かったようだ。
家の中で外の様子を伺いながら、今一歩で雨のピークが過ぎたので
何とか氾濫せずにすんだという感じだった。


DSC_0147_600.jpg

夕方、雨が止んだのでいつものコースを軽く走って通ってみた。

やはり、水かさが引いて来ているとはいえ凄い濁流。

昨年、浸かったグランドの一部が又、浸かって川の一部になっていた。
毎年、このような大きな雨をもたらすのかと思うと怖くなってくる。
家の建て方、立てる場所、住む所、今までと通りでは太刀打ちできない。
確実に何かが変わりつつあるようだ。と、洪水のたび思ってしまう。


DSC_0150_600.jpg

DSC_0123.jpg

なんとなく叡電のんびりして好きなんです。
そんな叡電、『けいおん』とコラボして結構、面白いと思いながら。。。
おー!この『シモガーモ・パトレイン』も結構、目立つというか何故か見てしまうんです。
昨年の9月21日から京都府警下鴨警察署とコラボして運行してます。
しっかり見たのは初めてです。

カラーはしっかりパトカー色の電車バージョンなので
可愛いというか面白いんです。こんな電車もアリですね。

新緑の大原

| トラックバック(0)

DSCF6157_600.jpg

新緑の頃、青葉清々しく・・・・・
まさに、季節のあいさつ文の代表の一節。
まぶしく、清々しく、生きてるんだなーと思う季節です。

DSCF6160_600.jpg

風と友達に、鳥と友達に。。5月ってそんな季節です。
爆発しそうなエネルギー。でも、清々しいんです。
中学生か高校生か?そんな頃のエネルギー。
思いっきり生きよ!
そんな季節です。

DSCF6146_600.jpg

DSCF6155_600.jpg

仁和寺の御室桜

| トラックバック(0)

2014041404.jpg

天候に恵まれ、雲のない青空の中、満開の御室桜が
御室に訪れる人々を迎えてました。
京都市内では遅咲きの桜の名所です。

2014041401.jpg

土日は大渋滞で、公共交通のバスも先に進めす
電車が唯一スムーズに行ける手段だそうです。
平日では近隣の道路の渋滞はあまりありませんが駐車場付近は
混んでます。駐車には時間帯によって待ちの状態で根気が必要です。
やはり、歩きかバス、もしくは電車の方がストレスレスで目的地に着きます。
しかし、このくらい綺麗だと大人気の理由がわかります。
木が低いので桜の花弁も目線で楽しめます。


2014041405.jpg

緑色の桜、御衣黄(ギョイコウ)も咲き始めました。
だんだん開くと共に緑から淡いピンクになってきます。
松月(ショウゲツ)、紅華(コウカ)、御衣黄(ギョイコウ)がこれら楽しめます。


2014041406.jpg

2014041002.jpg

上賀茂神社の御所桜はすっかり散ってしまいましたが
斎王桜はちょうど満開、見ごろです。
今日は風がきつく鴨川の桜は散って吹雪いてました。

2014041003.jpg

境内の受付脇の枝垂れも丁度見ごろです。

桜の頃に賀茂曲水宴が次の日曜4月13日に開かれます。

「ならの小川」で斎王代の陪覧、歌人等の詩歌の吟詠、
管弦の弾吹など平安の雅を堪能できます。

日 時  : 4月13日(日)お昼午後13:00?
拝観料 : 1,000円(抹茶券付)

2014041001.jpg

柊野堰堤の桜

| トラックバック(0)

2014040604.jpg

なんて事はないのですが、ジョギングで通る所なんですが、
桜が綺麗に咲いたので撮影してきました。
サスペンスのロケ地によく使われる所です。
MKボウルの北、京産大のグラウンド手前です。


冬は何もない堤防ですが春から夏にかけては涼をもたらす光景となります。

2014040603.jpg


2014040601.jpg

高野川の桜たち

| トラックバック(0)

2014040105.jpg

4月1日の高野川の桜です。
これで5分から7分です。この日は絶好の撮影日和で夕方近くでも
青空とのコラボで綺麗です。

2014040104.jpg

2014040103.jpg

2014040106.jpg

4月6日では、満開ですが風がきつく散り始めています。
本当にあっという間ですね。その儚さが桜の魅力なんでしょうか。

2014040602.jpg

2014040101.jpg

4月1日は撮影には絶好のお天気でしたのでに足をのばして
南禅寺方面にいきました。桜は5分咲きでしたが情報では4月4日では
殆ど満開に近いようです。平日に訪れましたがさすがに桜の頃の京都は
観光客は増えてきてます。特に海外の方々が多いようです。

南禅寺までの野村碧雲荘の通り挟んだ横の桜が大変きれいでした。
メインの通りから横道に入ると色んな発見ができます。
お時間があれば脇道もお勧めです。

2014040102.jpg

京都御苑 近衛の桜

| トラックバック(0)

2014033001.jpg

この間、咲き始めたと思ったら、もう満開でした。
焦がれるほど待ちわびて咲いてしまえば早いものです。

雨が降ったり止んだり日曜は朝から天気が荒れ気味でした。
にも関わらず割と、海外の人が多く見受けられました。
行き帰りに鴨川と高野川沿いを通りますと
三分、五分程ソメイヨシノが咲いており桜並木となっておりました。
月曜から絶好の桜日和となるといいですね。

上賀茂神社 桜咲く

| トラックバック(0)

2014032901.jpg

上賀茂神社の御所桜が咲き始めました。
これで三分咲き位でしょうか。
今日一気に開花が進んだ感じです。

ソメイヨシノもやっと開いたようです。まだ蕾多しです。

2014032902.jpg

誘われてメジロもやってきました。

2014032903.jpg

春の使者

| トラックバック(0)

2014032702.jpg

京都も3月28日に桜の開花が宣言されました。
此処は市内でも北側なのでまだ蕾多しです。

そんな今日つくしを発見しました。
あと春の使者のフキノトウも。

思わず「天麩羅」にしてと思うのは食い意地が張ってるのでしょうか。

2014032701.jpg

京都も激寒です

DSC_000520140205.jpg

多くの地域が氷点下を記録する日本列島の寒さ。
京都も今日は激寒です。
いつものジョグで軽く走ったんですが
夕刻の雲が畑へ向かう十三石橋、17:00時でマイナス1度でした。
近年、この時刻では珍しいほどの寒さです。
昨日の同時刻で0度をマイナス1度記録更新しました。
走ってる最中で寒さは感じないのですが道路の状況を見ると
明日の朝は凍結しそうです。
この間のセンター試験の日、降雪で凍結してましたので
塩化カルシウムの融雪剤も道中に置いてくれていますが
くれぐれもスピード出さないで下さい。ね。

上賀茂神社の芝焼き

| トラックバック(0)


2014012501.jpg

この日、京都も少し暖かく3月上旬頃の気温だったので
家から出て上賀茂神社まで足をのばしました。
着くと丁度、芝焼きの最中で一面黒くなっていました。

実は、初めて見る光景です。

寒い寒いと身が縮むような日が続きますが
このように春の準備は着々と進んでいます。
青い芝が黒一面からやがてふきだします。

明日からまた冬に逆戻りですが気持ちは春です。


2014012502.jpg

京都も積雪しました

京都も今年初めての積雪です。

2014012001.jpg

左京区市原の方も昨日はすっかり雪化粧でした。
しかし、昔から比べると降雪量はそれほどではないです。
一夜明けるとすっかり融けてましたので
いつもの軽めのジョギングに出かけました。
が、十三国橋では気温1℃でしたので、部分部分雪が残っていて走り辛い。
余計に疲れて帰ってきました。
2回、違う場所で、違う犬種で其々の場所で、狩猟犬が走る後を
追ってきて、『なんで』ついてくるん?それも別々の場所で2匹が?
私は獲物に見えたんでしょうか?

下鴨神社の午の大絵馬

2014010301.jpg


力強く躍動感のある午の絵馬です。
念頭にあたって、このように一気に駆け上がりたい処、
一歩、一歩、足で大地を踏みしめ進みたいのです。
1歩だけでも進めたら。。
それは生きている証拠。

だから一歩進めます。

で、MT6バージョンアップしたのですが、まだ、全然なれてません。
ゆっくり更新していきます。

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

■ 注目のデジタルカメラ


■ 話題な情報


■ おすすめ訪問先

■ PR

Lineスタンプ販売中 ちょっとイジワルでシュールなネコ女(め)と鍋が縁で出会った鍋好き仲間達のかわいい『ねこ鍋』スタンプ

オリジナル扇子の製作と扇子の販売。京扇子等、オリジナル扇子、デザイン扇子、オーダー扇子、京扇子、舞扇、お茶扇子、棋士扇、囲碁扇、ウェルカムボード、成人式の扇子、卒業式の扇子、干支の扇子、よさこい扇子、お祭り扇子、お誕生、米寿、喜寿、還暦、母の日、父の日、命名等のお祝い用の扇子をお作りします。色んな京都の扇子を1本からでもお作りします。



■ アーカイブ

■ アイテム 

  • DSCN8293_600.jpg
  • DSCN8299_600.jpg
  • DSCN8288_600.jpg
  • DSCN8290_600.jpg
  • DSCN8269_600.jpg
  • DSCN8250_600.jpg
  • DSCN8222_600.jpg
  • DSCN8247_600.jpg
  • DSCN3376_600.jpg
  • DSCN3325_600.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

■ 京都のお宿

■ お薦め京都のお菓子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1296円(税込、送料別) (2018/8/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1728円(税込、送料別) (2018/8/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【抹茶スイーツ】抹茶おとと【6個入り】
価格:3240円(税込、送料別) (2018/5/17時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【夏季限定】宇治焙じ茶大福 3個入り
価格:648円(税込、送料別) (2018/6/28時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3024円(税込、送料無料) (2018/8/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4430円(税込、送料無料) (2018/8/11時点)


■ にゃんこアイテム










Powered by Movable Type 6.0