安土城跡

DSCN2875_800.jpg

織田信長の居城跡

1576年から約3年の歳月をかけて完成し僅か3年ほどで本能寺の変の混乱の際に焼失した幻の城、安土城跡に登ってきました。

いきなりの石段、大手門から杖を片手に1周、約1時間かけて散策します。
ひたすら足元に気を付けながら、登ると信長公の本廟に到着。

DSCN2856_800.jpg


本廟といえば京都市中京区、市役所前の本能寺にもありました。
こちらは羽柴秀吉によって信長の遺品が埋葬されているそうです。

天主跡には礎石のみが残っており、ここに大きな天主が建っていたとは想像するにもイマイチピンとこなかったのが正直なところです。

DSCN2860_800.jpg

天主跡から西の湖と琵琶湖が一望できます。
当時は西の湖の他に伊庭内湖、安土内湖が城の周りにあったようで今より木々の遮りも無く本丸からの景色はまさに絶景だったのでしょう。天皇をお迎いしようとした気持ちに納得。でも、天主に来るまでの坂は、キツイぞよ。

天主跡をから下り、中腹あたりで摠見寺の三重塔がお出迎え。

焼失から逃れて残ったのはこの三重塔と二王門のみだそうです。

なんとも儚きかな。
DSCN2865_800.jpg



信長の安土城址と摠見寺の公式ホームページはこちら
https://www.azuchi-nobunaga.com/

江八幡市安土町下豊浦

拝観受け付け以降はトイレもなく一回り1時間くらいなので事前に済ませられる事、強くおすすめします。
石段の坂は、ボチボチきついかと思います。杖を持つ方がイイよと先客の方からアドバイスをもらい杖の持参が正解かと思いました。







2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■月別アーカイブ

■注目のデジタルカメラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【長期保証付】ソニー α9 ILCE-9 ボディ
価格:422988円(税込、送料別) (2020/10/6時点)



■PR

オリジナル扇子の製作と扇子の販売。京扇子等、オリジナル扇子、デザイン扇子、オーダー扇子、京扇子、舞扇、お茶扇子、棋士扇、囲碁扇、ウェルカムボード、成人式の扇子、卒業式の扇子、干支の扇子、よさこい扇子、お祭り扇子、お誕生、米寿、喜寿、還暦、母の日、父の日、命名等のお祝い用の扇子をお作りします。色んな京都の扇子を1本からでもお作りします。





■話題な情報


■おすすめ訪問先

■アイテム 

  • DSCN2929_800.jpg
  • DSCN2879_800.jpg
  • DSCN2919_800.jpg
  • DSCN2860_800.jpg
  • DSCN2865_800.jpg
  • DSCN2859_800.jpg
  • DSCN2856_800.jpg
  • DSCN2875_800.jpg
  • DSCN2853_800.jpg
  • DSCN2845_800.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ にほんブログ村 猫ブログへ
FC2 ブログランキング

■京都のお宿


■お薦めお菓子













■にゃんこアイテム








Powered by Movable Type 6.0